2016/05/28 (Sat) タナタロウ②/カラー、アクションよりタナ取り!?
それでは前回の続きから。
1990年代のシステムクランクは、水深を軸にシステム化されていました。
これは言うなれば「縦のシステム化」です。
それに対してここ10年の流れは、アクションを軸としたシステム化が進みました。
同じ水深でもクリアウォーターならタイト寄りのアクション、マッディシャローならウォブルの強いもの、といった具合に。
これを私は「横のシステム化」と考えています。

で、ここ10年で進んだ「横のシステム化」の揺り戻しとして「縦のシステム化」が、もう一度見直されるんじゃないか、というのが私の予想です。
スクエアビルを例にとると、サイズ展開は充実していますが、それに対してレンジ展開が意外なほど少ない。
加えて、同じボディシェイプでもシャローダイバーとミッドダイバーでは、アクションや使用感がまるで違います。
だから本当にクランキングをやり込んでいる人は、クランクベイトのメーカーを跨いで独自のシステムを作っていますよね。

IMG_5312.jpg
手前からタナタロウ50、100、150。次は50をリリースするべく奮闘中。

ルアーをデザインする立場からすると、水圧などの問題から、厳密に同じ使用感でレンジを変えるというのはなかなか難しいところです。
と言うか不可能。
ただ私は、もしレンジが違っても使用感を近く出来るなら、それに越したことは無いと思っています。
理由は、レンジによってアクションや適した巻きスピードが同じなら、何が魚の反応の違いを生んでいるかが分かり易くなるから。
それは同時に、次に何を試すべきかを明確にしてくれます。
タナタロウで目指したことの一つはこれです。

ではどうしてそんなにレンジ展開にこだわるのか。
これは、単純にレンジの違いが魚の反応の違いを生むからです。
タナタロウのテストを繰り返す中で改めて感じたことですが、細かいレンジの調整は時にカラーを変えるよりも、或いはアクションを変えるよりも魚の反応に差を生みます。

でもどういう訳か、例えばエサ釣りでは常識であるこの「タナ取り」の重要性が、ルアー釣り、特にクランクベイトとなると意外なほど見過ごされているように思います。
この傾向が生じるのは、クランクベイト自体が魚を引き寄せてくれる特徴を持ったルアーだからでしょう。
クランクベイトの釣りは、トップウォーターやビッグベイトと同じように、どうしても食い上げさせる釣り、魚のコンディションに頼った釣りになりがちです。
もちろん状況が良ければそれでOK。
でもスローなコンディションの時ほど、魚はルアーを追う範囲が狭くなりますよね。
タナタロウを50センチ刻みで展開しているのは、魚が反応するレンジにルアーを送り届けてあげるためです。

レンジ展開にこだわるもう一つの理由は、クランクベイトを巻く時、ボトムに当てたくは無いけれど、ボトムから離したくも無いからです。
私がクランクベイトの釣りをスタートする時は、基本的にボトムすれすれを泳ぐレンジのルアーをセレクトします。
特に秋から春、水温が20度を切っているならボトム寄りのレンジから様子を見ていく事が多いです。
当然、釣り場の水深は移動すればどんどん変わるものなので、その場所に合ったレンジのクランクベイトが必要になるという訳です。

IMG_5313.jpg
今年のゴールデンウィーク釣行で、タナタロウ200にバイトした57センチ!
この時は水深約2メーターでの反応がよく、タナタロウ200がピッタリでした。


ちなみにこれからのシーズン、梅雨時期から夏、その後台風でグッと秋めいてくる前までは、逆に中層や水面付近から探っていくことが多くなります。
これは中層で浮いているバスや、食い上げてくれるバスの割合が増えるからです。

それと大事なことをもう一つ。
私がタナタロウでのクランキングでキーにしていることは、リトリーブスピードをスロー気味にすることです。
次回はこのあたりの話、ブラックバスってスローなルアーがお好きよねというあたりを掘り下る予定です。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/755-4cc42296

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ