2015/05/31 (Sun) 新利根川釣行
茨城県は新利根川に行ってきました。
今回は、以前より仲良くして頂いているタケオさん、アツタさん、カンザキさんの4人での釣行となりました。
IMG_1806.jpg

いつもお世話になっている、松屋ボートさんから出船。
「松屋さんは、かのメガバス伊藤社長がVフラットのテストに通ったボート屋なんですよ。」
準備中にそんな話を聞いて「常識破りのバス釣り66の極意」という伊藤さんが書いた本を思い出しました。
そう言えば、その本の中で松屋さんの話が出てきたような。
家に帰って読み返してみたらやっぱりありました。
「V-FLATは、私が1986年、品川のボロアパートで個人製作し、新利根の松屋のケンさんのところに寝泊りしながらテストし、自分用のヒミツ兵器として誕生した」(16頁)
うむ。
松屋さんの、メガバスの、新利根川の歴史を感じますね。

ウチもそんな歴史にあやかりたいもんだ。
という訳でもありませんが、今回の釣行に合わせて私も新たに3つのルアーを削りました。
福島釣行から一週間だったので、なにせ突貫工事でしたが。

CFud9jpUUAAerbs.jpg
ファーストフィッシュはお馴染みのキャットフィッシュ。
新利根川では本当に良く釣れますね。

CFz5nGrUEAAGu6Y.jpg
立て続けに2匹目。
こちらはなかなかの大物でした。

先日の福島釣行で多用したクランクベイトのバリエーション各種を、新利根川でもメインに使用しました。
今回とくに検証したかったのは、水がある程度濁っている場所でも効くルアーなのかという事です。
福島ではクリアウォーターで充分に使えることが分かったので、マッディウォーターでの可能性を見ておきたかったのです。

201505241.jpg
まずは私にちびっ子が。

IMG_1850.jpg
アツタさんにもナイスフィッシュ!

IMG_1877.jpg
カンザキさんもシャローモデルで!

201505242.jpg
再び私にチビっ子。
どれだけ手を伸ばしてもチビっ子はチビっ子。

IMG_1867.jpg
さらにアツタさんが追加。

ビッグフィッシュは出なかったものの、多数のバイトで色々とヒントを得られました。
このクランクは、潜行深度を50センチ刻みに作っており、それぞれのモデルでキャッチできたのも大いに収穫です。

タケオさん、アツタさん、カンザキさん、今回は刺激的な時間をありがとうございました。
次回もどうぞよろしくお願いいたします!

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/738-f14949bd

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ