--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/12/09 (Tue) goow 出荷しました!
グーの出荷が無事に終わりました。

goow20142.jpg

このリップ付きのグーというクランクベイトは、六度九分が一番最初にリリースしたルアーになります。
ここ何年かで六度九分を知った方はご存知ないかもしれませんが、リップの無いマーマーシリーズが出来たのはこのルアーの後なんですよ。

グーが、2014年の鋼派という大会でウィニングベイトになったのをきっかけに、久しぶりに製作しました。
この鋼派という大会は、年に一度、霞水系の新利根川で開かれています。
江戸物の石名さんが主催されているハードベイトオンリーの大会で、今年も100人近くが参加されていました。
そんな中で優勝に貢献できるなんて嬉しいじゃありませんか。
ふっふっふ。

グーは小粒のフラットサイドクランクになります。
長さは54ミリ、重さは約9.2グラム。
スイムレンジは最大で約1.2メーター。
動きはタイトなロールアクションです。
特徴となるのは、ミディアムスローからミディアムスピードの巻き速でルアーの軌道がブレるという点です。
千鳥系のクランクは、どちらかというと早めのリトリーブでブレる物が多いですよね。
パニックになった魚が右往左往する様子といいますか。

グーはそれに対して遅めのスピードでブレるので、体調が悪そうな魚のイメージです。
ゴホゴホ咳をしながらヨタヨタ泳ぐ感じでしょうか。
そんなイメージがあるので、私はスローからミディアムスピードで使うことが多いです。

鋼派の大会当日は、前日の大雨の影響でかなりの水温低下がありました。
普段なら必ずトップウォータープラグが優勝に絡む大会なんですが、降りすぎた雨でスローコンディションになったせいか、2014年はクランクベイトに分があったようです。
こういう時はやはりスモールクランクが手堅いんですね。

ちなみに優勝されたアツタさんは、この秋もグーで釣ってくださっていたようです。
IMAG0748.jpg

今回の寒波で流石に厳しいかもしれませんが、シャローに魚が残りやすいフィールドではチャンスがあるはずです。

実は、10年前に初めて発売したのもちょうど今時期でした。
それにもかかわらず、お二人の方がすぐに釣果報告をくださったんです。
あれは嬉しかったなぁ。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/725-38166d1f

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。