2014/10/04 (Sat) ショートロッドとポッパー
今週はサックスプレイヤーの加藤さんと、モギハノンこと舞木さんのガイドを受けてきました。

o0580043513085036951.jpg
(画像拝借)

この日の私のテーマは操作系ルアー(主にポッパー)。
前回はポッパーとジャークベイトで好反応が得られたので、その手のルアーを中心にいろいろ試してみようという思惑です。

201410043.jpg
この日のナイスな一匹!
ルアーはダイリツのバスポウザーという小型ポッパーでした。
細かいテーブルターンが得意なポッパーです。

20141004.jpg
集中的にいろいろなポッパーを試してみた結果、今の使い方でバイトを取りやすいのはこの3つに落ち着きました。
上からご存知トネスプラッシュ(ラッキークラフト)。プロップ(ズイール)。バスポウザー。
私の使い方では、特に上の二つが似た要素を兼ね備えています。
まだ研究中なので詳しくは言えませんが、ポッパーというジャンルに惑わされていましたよワタクシ。

ちなみにこの日はトネスプラッシュでも良い魚を掛けました。
が、手前に走られ上手くフッキングできず痛恨のバラシ。
今回は操作を重視して、6フィートのロッドにハイギアのリールというタックルを組んでいたんですが、それがアダとなりました。

201410041.jpg
左がエッジのEGC-603×アルデバランmg7
右がBPSのグラファイトシリーズ×07メタニウムmg7

細かいアクションや素早くキレのあるアクションを出そうと思ったら、やはりショートロッドは欠かせません。
例えばロングロッドでジャークしてもパッと見の動きは変わりませんが、ルアーへの糸絡み頻度などを見ると明らかにショートロッドの方が細かく刻めています。

ただ、普段から7フィートより長い竿ばかり使っている私は、フックセットのストロークが違いすぎて上手く合わせられないんですよ。
ラインテンションの掛かっているクランクベイト、早いリズムのジャーキングなどであればショートロッドでも問題ありません。
でもトップウォーターでラインテンションが抜けているような場合、どうにも上手くフッキングできないんです。
そういえば、6月にも良い魚に逃げられたんでした。
くそう。

ノリーズの田辺さんは、ポッパーを使われる際にライトアクションの5.6フィートとローギアのコンクエストを組み合わせていらっしゃるので、もちろん慣れれば問題はないようです。
トッパーの方もショートロッドにローギアの組み合わせが多いようですし。
でも、あまり私には合っていないようなのでタックルを考え直してみなきゃですね。
メタニウムのXGでも導入してみようかしらん。

201410044.jpg
加藤さんはロングAのジャーキングで釣られていました。
舞木さんも同じルアーでナイスフィッシュをキャッチされていました。
サイズは定番の15Aです。
このルアーも素晴らしいですね!

201410042.jpg
舞木さんはアノストプラス(というアノストレートの亜種をテストされていました)でもナイスフィッシュをキャッチ。
舞木さん、今回も刺激的な釣行をありがとうございました~!

舞木さんのブログ Mogihannon's diary
加藤さんのブログ KTブログ

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/716-24343bf9

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ