2006/02/16 (Thu) 冬の風物詩

私の通勤路では、冬になると毎朝、おじさん達が一生懸命にボラを釣っています。

ご存知の方も多いと思いますが、寒くなるとボラは皮下脂肪が増えて、目の周りにも脂肪が回り、視力が落ちると言われています。 これを利用して、派手なビニールなどを巻いた掛け針を使い、魚を寄せて狙うのが寒ボラ釣りです。

いつも気になっていたので、釣り上げた魚をどうするのか訊ねたところ、
「少しの間キープして、死ぬ前に逃がす」とのこと。

一瞬、
「なんでやねん!」
と心の中で突っ込んでしまいましたが、私のやっている事もほとんど一緒だとすぐに思い直し、若干の衝撃を憶えてしまいました。 橋の上から釣っているので、引きを楽しむという訳ではなさそうですし、より大きい魚を狙っている様子も無いので、いったい何が楽しいのか不思議に思ってしまう節もありますが、私も釣り人なので分らないではない行為です。


…という訳で今日は、先の通り
「なんでやねん!」という気持ちを持ってしまったことで、
「食べる訳でもない魚を、なぜ釣るのか解らない」
と言う一般ピーポーの気持ちを、かなり明確に知覚してしまいました。

確かにキャッチアンドリリースって謎ですわな…微妙な立場、変な気分。


おっちゃんは元気。
DSC009.jpg

野生はしぶとい。
DSCF0008.jpg

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/7-505abd2c

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ