2014/03/01 (Sat) 横綱解説その2 ロッドワーク編
前回の記事では横綱の使い方「ただ巻き編」をご紹介しました。
今回はその続き。
「ロッドワーク編」です。

そもそも。
ただ巻き編を読んでお気付きの方もいらっしゃると思いますが、ただ巻きで横綱を生かそうと思ったら「長い距離を泳がせる」ことが重要になってきます。
ローピッチの長い波動で魚を刺激するタイプのアクションなので、短い距離ではしっかり水を掴ませきれないんです。
潜行角度も浅いですし。

じゃあ、例えばボートでバンクを狙うような場合は使えないの?
そんなことはありません。
ロッドワークで誘う方法が、そういう時に生きてくるんです。

まず一つ目はジャーキング。
なかでもストロークを短くしたジャーキングが時にバスを狂わせます。
特に、岸沿いなどで明確な捕食エリアがある場合は試してみてください。
一回りサイズの小さいキングマーマーなどでは反応しない場合も、強い水押しとフラットサイドを最大限に生かしたフラッシングで、アグレッシブなバイトを引き出すケースがあります。
バイトの出方を見ていると、威嚇的な要素もあるように思われます。
ショートキャストで、場合によってはピッチングで狙える距離で丁寧に岸際を刻み、ルアーを目で追える水深を目安にジャーク&ポーズを繰り返してください。

20140301.jpg
黒色の名前が決まりました。nasu96ですどうぞよろしく。

もう一つがトップウォーターとしての使い方。
ジャーキングと対極にある使い方が、トップウォーターで首を振らせるテクニックです。
ターンの速度がスロー気味のため、長めのポーズを織り交ぜてゆっくり誘うのが王道です。
弱った魚や、無防備に浮かぶギルをイメージすると動かしやすいでしょう。

また、ダーターを扱うように水中に強く鋭く潜らせるアクションも有効です。
浮上時のローリングが、フラッシングとストップ時のボディの揺れを生み、バスを誘います。
ジャーキングの水面~水面直下バージョンと考えてください。

いずれにしても、横綱を水面で使う場合は広く探るトップウォーターというより、バスの居場所を絞り込んでじっくり狙う方が良いでしょう。

横綱の使い方、なんとなくイメージを掴んでいただけたでしょうか?
ただ巻き、ジャーク、トップウォーターと分けて使い方を紹介しましたが、もちろんこれらを組み合わせて使ってもOKです。
リップレスであるがゆえ、アクションの自由度が高い。
それが横綱の大きな特徴です。
釣り場に合わせて色々試してみてください。


comment

なるほど~
キングは愛用しているのですが、その能力をブーストさせて浮力を抑えた感じでしょうか!?

いずれにせよグッドコンディションを狙って獲れそうなイメージが脳内でドクドク湧いてきました!!
2014/03/03 19:26 | URL | 橋本そうじ [ 編集 ]

返事が遅くなってしまいすみませんでした。

>キングは愛用しているのですが、その能力をブーストさせて浮力を抑えた感じでしょうか!?

仰るとおりです!
まだ少し早いですが、5月になればロッドワークの釣りが面白くなるのでぜひお試しください!
2014/03/14 11:42 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/697-9cc93d4c

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ