2013/11/29 (Fri) 塊ブース@バサーオールスタークラシック2013
更新せねばと思いつつ、気づけばオールスター前夜となりました。
毎年の事ですね。お粗末さまです。
われわれハンドメイドの面々は今年も塊ブースで出展いたします。
六度九分はバイビーを作りましたよー!

IMG_1098.jpg

グリーンバックチャートとSH-4の2色を塗りました。
スイムレンジは1メーター強、アクションはタイトなウォブロールです。
以前の記事でも紹介しましたが、やや巻き感が軽く、早めのリトリーブスピードをメインに考えた仕様になっています。
バイビーという名前も、バイブレーションチックなスピード感とピッチの細かいアクションに由来します。
長さは60ミリ。ウェイトは約9.5グラムです。

使えるシーズンの長いルアーではありますが、個人的に良い魚を狙えるイメージを持っているのは秋。
台風で延期になっていなければドンピシャのタイミングでのリリースだったはずなのですが、ひと月経つとさすがに冷え込みがきつくなってしまいましたね。

さて、ここからは今日(29日)の話です。
季節は進んだけれどどうにか釣れないものか、と個人的に関東の釣り場では馴染み深い新利根川に浮かんできました。
ボート屋(松屋)のおじさんに聞いたところ、みんなは3メーターラインを狙っているとの事。
バイビーと心中するにはちとキツイ話です。

もちろん、私だってある程度は深めを狙うことになるであろう事を想定していました。
板鉛も用意しましたし、糸だって潜らせるために8ポンドまで落としましたもん。
それに伴う根がかりのリスクを避けるために、ダイワのルアー回収機だって新調したんです。

<IMG_1116.jpg

リップの裏全面に0.3ミリの板鉛。
低水温仕様な感じです。
もちろん、無理やりここまでする必要はありません。
そもそももっと潜るモデルがあるし。
でも、一つのルアーしか投げないという状況に自分を追い込んでみたかったのですよ。
丸一日、一種類のルアーを投げ続けるってなかなか無いでしょ?

で、追い込まれたユキトモ。
やっぱり現場でいろいろな発見がありました。
その中で面白かったのは、ラインの角度と根掛かりの関係についてです。

午前中は、よりルアーを潜らせるためにニーリングをしてたんですよ。
ニーリングとは、竿を水中に突っ込んで巻くあれです。

ラインを細くしたこともあって、これでもけっこう潜ってくれました。
たぶんマックスで2.5メーター前後。

でも一つ問題がありました。
スタックがやたら多いんです。
半根掛かりとでも言いましょうか。
回収機のおかげでロストはしないんですが、ラインが8ポンドのため無理に竿をあおったり出来ません。
効率が悪いなぁ。

穏やかだった午前中から一転して、午後はキャストも間々ならないくらいの風が吹きました。
こうなってしまうと、バイビーで3メーターラインを狙うには2択しかありません。

シンキングにするorドラッギング。
普段ならシンキングにしてしまいそうなところですが、新利根川は沈み物が多いので、ルアーを止めた時に浮かないのは少し不安です。
消去法でドラッギングをしてみることにしました。

これがビックリだったんです。
ニーリングの時と似たようなコースのボトムを叩いているはずなのに、ほとんどスタックしないんです。
ドラッギングの方が、ボトムを流す距離だって遥かに長いはずにもかかわらず。

結論から言えば、これは恐らくラインの角度によるところが大きいように思いました。
ニーリングをすると、ボトムに這うラインの割合がどうしても多くなってしまいますよね。
対してドラッギングの場合は、竿先からルアーまでのラインが斜めになっているので、ボトムの障害物を拾い辛くなっているようなんです。
うーん、言葉で説明すると分かりづらいですね。

要するに、ドラッギングだとラインが障害物に噛み込みにくいんじゃないかという話です。
この効能は、有難いことに釣りのリズムをキープしてくれるんですよね。
楽しくなって何度も川を上ったり下ったりしていました。
レンジを変えたり、スピードを変えたりの自由がかなり効くんですよ。

そして風が強くなったタイミングで待望のバイト!
なかなかのサイズであろう手応えがあったのですが、残念ながらその魚はバレてしまいました。
結局アタリらしいアタリがあったのはその一匹だけで、この日の釣行は空振りに終わりました。
無念。
新利根川から宿題を頂いた気分です。

長くなりましたね。
何が言いたいかというと、バイビーは色々遊べるルアよーですよって事です。
こんなのが釣れちゃったりすることもあるよって事です。

IMG_0904.jpg

それではオールスターで会いましょう!

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/686-4edca125

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ