2013/09/17 (Tue) ウォルトン/琵琶湖と西日本の静かな釣り
先日、ウォルトンという釣雑誌が取材にお越し下さいました。

IMG_0771.jpg

とても素晴らしい雑誌です。
タイトルはもちろん、かのアイザック・ウォルトンから拝借されたそうです。
「琵琶湖と西日本の静かな釣り」というサブタイトルが付き、名刺には「over40の釣雑誌!」と刷られていると言えば、雑誌の雰囲気は伝わるのではないでしょうか。

でも、こういう風に書くと誤解されそうですね。
趣を重視した本でしょ、関西の話でしょ、自分には関係ないや、って。

編集者である北原さんとお会いしたのは今回が初めてだったんですが、凄い方でした。
具体的には、釣りの本を収納するためだけにレンタルスペースを借りてしまうような方です。
ご自身のカヤックでの釣りの話や、琵琶湖のホンモロコの増減の原因の話なんかも面白かったなぁ。
サカナヘンノヒトタチという、釣り人による釣りにまつわるグループ展にも、参加されているそうです。
関西釣文化に深く身を浸していらっしゃる事がひしひしと伝わってきました。

そんな北原さんという変わった(失礼!)編集者を軸にウォルトンは作られているので、ユニークな雑誌となるのは必然なのでありまして。
コアユの産卵不調の話なんて、他じゃちょっと読めないでしょ。
サム山岡さんによる、湖西のプラッギングのお話も勉強になりました。
クリアウォーターで、かつ浜のような広いフラットから魚を誘い出すのって、想像するだけで難しそうじゃないですか。
長年そういう釣りをされている山岡さんのお話には、ヒントが散りばめられていました。

雑誌全体に通奏低音として流れるのは、対象魚だけじゃなく周りの環境から釣りを考える態度です。
目線がちょっと引いている印象と言いますか。
釣りの視点を新たにするという意味で、ぜひ関西圏以外の方にもお読み頂きたいウォルトン。
おススメです!

しかし改めて読み返していたら、私も何か書きたくなってきました。
北原さーん、ご一考いただけませんか~!

comment

まいどです(*^ー^)ノ♪
読みたいです!
over40ですしね(笑)
通販できるかな~(・・?
調べてみます。
2013/09/18 11:15 | URL | 相棒AYS [ 編集 ]

こんにちは!
現在発刊されている3冊ともにサム山岡さんが出られているんですが、凄く良い雰囲気でした。
もし私が釣りを仕事にしていなかったら、サム山岡さんみたいな人の作るルアーを愛でていただろうなぁと思わせられるような記事でした。

ウォルトン、オフィシャルから通販できるみたいです~!
http://www.waltonsha.com/
2013/09/19 09:29 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/680-d4f9d793

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ