2011/11/25 (Fri) 亀山ダムで冬トップの可能性を知る
オールスターの翌日は、スローテーパーの林さんに連れられて亀山ダムに行ってきました。
(亀山ダム、と入力したら「亀屋マダム」と変換されました。シュール)。

林さんと初めてお会いしたのは今年の5月でした。
新利根川で開催された鋼派に参加されていたんです。
その時はご挨拶したくらいで、ルアーについての突っ込んだ話はしなかったのですが、夏ごろになって「マーマーシリーズは冬のトップウォーターとして使える」というお話を伺いました。

キングマーマーが効くのは5月から10月いっぱいです、と普段から説明している身としては、聞き捨てならない話です。
いったいどうやって使うんでしょう。
その後もお電話で詳しく解説していただいたのですが、百聞は一見にしかずということで今回の釣行が実現しました。

前日、前々日とかなりの雨が降ったらしく、道路から見える湖面はこゆい茶色でした。
林さんのご案内だけに不安はありませんでしたが、11月末の雨後の釣りにイージーな展開は期待できません。

おりきさわボートから出船して、まずは猪川方面を目指しました。
林さんは、手馴れたように実績の高い要所を丁寧に狙っては、小移動を繰り返すというメリハリのある釣りを展開されていました。
しかし魚からの反応がありません。
少し前にロッド&リールの取材で反応が良かったという場所も、すっかり水がクリアになっていて生命感を感じられませんでした。

ロッド&リールの取材ではカワシマイキーで有名な川島さんとの同船取材だったそうです。
その時の川島さんのカバーへのアプローチや、ルアーのコース取りを教えて頂いたんですが、教えられて真似られるような釣りではありませんでした。
だって普通に投げたらダブルフックでも引っかかるような、ごく狭い隙間を狙うそうなんですもん。
端的に言えば、ルアーがカバーのそばを通る距離を出来るだけ長くとることを大事にされているような印象でした。
それを実現するための、最奥に投げ込むキャストアキュラシーであり、タックルセッティングであり、ボートポジションなのかなと。
こりゃDVDを見なくっちゃですね。

始終こういうコアなお喋りが続いて楽しいのですが、肝心のバスが一向に姿をみせません。
こりゃ大きく移動した方がよさそうという事で、おりきさわボート前を通過して小櫃上流を目指しました。

この日の水温は14度から16度あたりを行ったり来たりしていて、朝からずっとアトムの適水温だなぁと思いながら釣りをしていました。
しかし、いかんせんダム湖なのでシャローフラットがありません。
中層を巻いてもあまり威力を発揮しないルアーなので、私はダイヴやらキングマーマーやらでスローな釣りを展開していました。

上流にボートを進めるにつれて、バンクがなだらかな場所もちらほら出てきました。
こりゃアトムの出番だろうと思って、ロングキャストして巻く釣りにシフト(それまではショートディスタンスでアクションをつける釣りをしていました)。
数投で答えが返ってきました。

PB213051.jpg

初めての亀山バスです!
ちょうどなだらかなバンクの切れ目、ストンと深くなるいわゆるディープニアバイのシャロー側で釣れました。
太陽が高くなりポカポカしてきた時間帯だったので、浅い側に差してきた魚だったのかもしれません。

さらに上流へ向かうと今度は林さんが操るマーマーにナイスフィッシュ!

PB213056.jpg

電話で話を伺っていた時は、ポーズを長く取ってスローに首を降らせるような使い方を想像していました。
しかし実際には速いテンポでの首振りで、ポーズを取るというよりは、ジャークベイトを一瞬止めて食わせの間を与えるような使い方でした。
林さんが仰るには、完全にリアクションの釣りだそうです。
スローに扱ってもアタリは出るそうですが、バイト自体も弱々しくなってフッキングに至らないケースが少なくないそうです。
それゆえに、狭いスペースでのクイックなターンと明確なフラッシングを実現できるマーマーシリーズは冬のトップで持ち駒のひとつになる、と。
初冬を迎えたダム湖で、激しく水面を割る魚を実際に目の当たりにして納得しました。

この日の様子はスローテーパーさんのブログにも詳しくアップされているので、ぜひあわせてご覧になって下さい。
勉強になります。

comment

おおおおお!同じかどうかはわかりませんが…
今年の真夏にマーマーをジャッジャッジャッとトゥイッチ?して、右、左、右と首振らせてたくさんバイトを得たのを思い出しました。
ゆっくりめのタダ巻きで反応なくて水面を暴れさせたら30㎝くらいのバスが次々と襲いかかってきたって感じです。
もー!!せっかく岡山来たのにダメじゃん!!とイラチな性格なのが幸いしたホント偶然の結果でしたが…
(笑)


2011/11/26 23:47 | URL | カワサキ [ 編集 ]

やっぱり夏にも効きましたか!
あのキレの良い首振りをさせると、マーマーがまったく別の生き物に化ける気がします。
スピード感が上がるのに移動距離は狭いという要素は、ある状態の魚を狂わすんでしょうね~
持ちワザが一つ増えました。
ちなみに夏ですが、マーマーのシェイキングも、ただ巻きや普通のトップ使いとは別の魚を反応させられる要素なので、ぜひ来年試してみて下さい!
シェイクのリズムでたまにピラッと強く光るのがいいみたいです。
2011/11/27 10:20 | URL | 六度九分 [ 編集 ]

まいどです^^
先日は有難うございました!!!すでにオイラの横綱はボロボロです(爆)マーマーシリーズの浮力の高さを活かしたTOP使い!!!解ります!!マーマーの引き出しの多さには脱帽ですよ^^オイラは巻きに徹してますが(爆)
2011/11/27 14:30 | URL | 相棒鮎瀬 [ 編集 ]

こちらこそ毎年ありがとうございます!
もう一週間あったかい日が続いてくれれば横綱にもチャンスが合ったと思うのですが、ここ最近の冷え込みでは厳しいものがありますよね(汗
さっそく投げ込んでいただき感謝感謝です。
それにしても林さんの使い方を動画におさめておけば良かったと今さらちょっぴり後悔です。
次回のチャンスがあればお願いしてみようかなと考えております!
2011/11/28 16:04 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/581-0c438624

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ