2011/10/28 (Fri) 妄想釣具
ときどき「こんな釣具があったらなぁ」と夢想することがあります。
私が一番欲しいのは、巻き取り速度が表示されるリールです。

例えば「早巻き」と一言にいっても、そのスピード感は人によっても様ざまです。
「早巻きで釣った」とか「スローリトリーブで」とか、私もしょっちゅうスピード感について書いていると思いますが、これはとても感覚的な話です。

一般性がありそうなところで考えると、巻いているときに重く感じると「早巻き」。
ラインテンションが低い状態で巻いていると「遅巻き」くらいの感じでしょうか。

しかし実際には、ルアーによって巻き抵抗が違います。
極論を言えば、ラインテンションの低いルアーを使って「遅巻き」するのと、ラインテンションの高いルアーを使って「早巻き」するのでは、実際にはルアーの移動スピードに大差が無かったということも起こりえるはずです。

ややこしい話ですみません。
ルアーによって巻き取りスピードは異なるはずなので、それを数値化して、厳密に調整したいという事です。

レンジとスピードを細かく調整する事が、特にクランクベイトの釣りでは釣果を分けます。
レンジの面は魚探やボトムタッチの感覚で分かりますが、スピード面はまだまだあやふやです。
そこでついに出ましたニューリール、クランクタイマー!
こんな宣伝文句でいかがでしょう。
どこかのメーカーさん、作って下さらないかしら。


もう一つ、私が欲しいのはフローティングのトレブルフックです。
これは去年、アトムを使っているときに「あったら良いなぁ」と思いました。
サスペンドやシンキング系のハードベイトは、どうしてもフックが垂れ下がってしまうので、ボトム付近でスローに扱う時は根掛かるんじゃないかという不安が拭えません。

もしフックが浮いていれば、スピナーベイトのようにボディとラインでフックが隠れるカタチになるはずなので、カバーにもアプローチしやすくなります。
またリアフックが浮いていれば、吸い込む力の弱い冬場でもスッと口の中に入ってくれそうです。
針先だけ金属にして、カーボンと発泡素材でどうにか作れないでしょうか。

あんまり書くとバカだと思わそうなのでこの辺でやめておきます。
おやすみなさい。

comment

浮くフックに関しては物凄く共感です!!
垂れ下がってる異物が浮くことで自然になります。
出来ればそれが透明なフックならなお良しです!!
以前、フックの有無でバイト数がどれだけ違うか
ニジマス相手に実験?したことあるんですが
フックがない方が圧倒的に多かったんです…
そしてググったら実際に作ってる人がいました(笑)
が、やはり強度の面で使い物にならなかったようです。
2011/10/29 10:37 | URL | カワサキ [ 編集 ]

先日Twitterにてリビングデッド、ヴァンパイアの件で絡ませて頂いた者です。
リーリングスピードを表示して再現できるハイテクリール、既に天下のメガバスが出してます。http://www.megabass.co.jp/products/reel/retgraph-f3.html
元はダイワのOEMかと思いますが、これ、面白そうです。
2011/10/29 13:37 | URL | こーしょー [ 編集 ]

狙い所はやや違いますが、タダ巻きでフックが水平姿勢でいてくれたらなぁ。って思って実験したことあります。フック装着前にアイ側からワッシャー入れてシャンクのとこで留まるくらいにすると水の抵抗が増し、パラシュート的な効果でかなりのスロー巻きでも水平姿勢になりました。ワッシャーは重量が軽いほうが当然効果は高くてカーボン板から自作しました。
ただ、その抵抗でクランク自体の動きはかなりスポイルされたんですが、逆に考えれば影響度は高いってことは形状や材質煮詰めれば動きの軸の1つに出来るかもしれないなぁ。と思いつつ放置してました。

って、何言ってるか意味不明ですね・・・・・。
2011/10/29 23:55 | URL | MYGのA [ 編集 ]

フックの有無によるバイト率の差を実験されたり、ワッシャーでパラシュート効果を持たせたり、皆さんもコアな実践されていらっしゃるのですね!天晴れですm(__)m

小生も細軸フックの中心軸に発泡剤&フェザーを巻いてみた事がありましたが…
何だか微妙に浮力が出たような雰囲気を醸し出しただけで(笑)、逆にルアーアクションに影響してしまいました…


メガバス社のリトグラフは、確か昨年あたりに電動リール機能もついて、機械的に同速度でリトリーブ可能なモノに進化してましたよね。
見た目の成りには眉唾物にも思えますが(笑)、『レンジとスピード』というベーシックなセオリーの核を突いたリールである事には間違い無いでしょう。

リトリーブスピードを電板表示するリールは、ウン十年前にDaiwa社かどっかが製造していたとかいう話も聞いた事があります…
嘘かもしれませんが(笑)
2011/10/30 06:51 | URL | さるお [ 編集 ]

>カワサキさん
やっぱり欲しいですよね!
基材を超細軸の金属にして、発泡を纏わせ、それをカーボンテープで締め上げれば、、、なんて思ってしまいますが、私は実際に試すほどの猛者ではありません(苦笑
ウェイトやブレーキとしての意味合いも強いトレブルフックがもし浮いたら、きっとルアーデザインが覆るんでしょうね~
その日まで生き抜きたいものです。

>こーしょーさん
リビングデッドの件ではありがとうございました!
実は昨日、知人からプラ版を頂いたのでまた色々と試してみます。
それにしても、まさか妄想リールが出ていたとは!!!
驚きです。
これを使えば色々とあやふやだった事がクリアになっていきそうですね~
道具を作る人間として興味津々です。
またまたご教示を賜り深謝いたします!

>MYGのAさん
ワッシャーをカーボン板から自作!
キてますね~(笑
ワッシャーをつけるとかなり抵抗になるとの事でしたが、フックというよりはジョイントのボディくらいの感覚になるのでしょうか。
もしくはチャターベイトのブレードが後方に付いたような。
いずれにしても、ぜひ可能性を探って新しい世界を切り開いて下さい!
で、こっそり教えて下さい(笑
楽しみにしております。

>さるおさん
マニアの集う道具屋、六度九分です(笑
針の重さってバカに出来ませんよね。
実は私もちょこっと試した事があるのですが、トレブルフックを浮かせようと思ったら、発泡素材が「練り餌」くらいの大きさになってしまいました(苦笑
フックに糸を取り付けて、そこに玉ウキをつけるというアイディアも浮かびましたが、ばかばかしくて未だ試しておりません。
リールの件は、少々反省いたしました。
業界人として新製品のチェックぐらいはしなくちゃいけませんね。
予算の都合ですぐにとはいきませんが、リトグラフは試してみたいと思います!
またレポートいたしますね~
2011/10/31 11:34 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/574-78410cf8

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ