2011/10/26 (Wed) リビングデッドで50センチ!
少し前の日記で通勤路のオチアユについて話しました。
さらに前の日記では、ベントミノーとリビングデッドについて書きました。
その別々の話が、今日は一つの線上で交わりました。

ベントミノーとリビングデッドについては、恐らく別物だろうと書きましたが、いざ投げてきたらやはり別物でした。
その予測は正解。
しかし、もう片方の予測については見事に外れました。
それはアクションについてです。
私は以下のように予想しました。

「意外なほどストレートなボディと浮力の高さがクイックなターンを実現しつつ、ダイブさせて水中でも仕掛けやすいペンシル。」

まず、ペンシルのように首を振る動きではなかったということが一つ。
ラインアイが背面に付いていることで、トゥイッチすると「ギュンッ」と水中に深く切り込みます。
それからラインテンションを緩めると、一瞬キックバックしてからゆらゆらと揺れ、水面に向かって浮かんでいきました。
つまりリビングデッドは、分類するならばダーターだったんです。

ベントミノーはボディのカーブの加減からか、トゥイッチするとボディをヒネリながらダートします。
対してリビングデッドは、ストレートなボディとラインアイの位置によって、潜る方向に力が働くらしく、簡明なヒラウチは入らないダートでした。
この特徴により、連続でトゥイッチしてもストレートリトリーブでも、1メーターくらいの深さまで潜っていました。

手に持ったときの軽さから高浮力を予想しましたが、ポンッと浮いてしまうほどの浮力ではありませんでした。
潜りやすさとこの浮力があいまって、水面直下でのスローリトリーブではボディが魅惑的に左右に揺れていました。

投げたあとになって考えてみると、ラインアイの位置から考えてもペンシル的に動くわけがありませんよね。
ルアーを見ただけで動きを予測できる領域はまだまだ遠いようです。

さて、これらの特徴を踏まえた暫時的な結論は、ベントミノーは、その上下左右に細かくダートする様子から「まだ活きが良い小魚」で、リビングデッドはその名の通り「瀕死の小魚」を演じるのに向いているという事です。

瀕死の小魚、か。
今朝は、岡山でも冷え込みがぐっと厳しくなりました。
例年なら、そろそろ土手の上からでも死にかけたオチアユが流れてくる様子が確認できる季節です。
通勤途中に川を見下ろすと、流れが当たるアウトサイドベンドに北風が強く吹きつけていました。
小魚を追い込みやすい小さなシャローフラットも備えている場所です。
もしかして、あそこなら。

魚に呼ばれた気がして、釣り道具を取って戻ってきました。
この流れと風なら、オチアユは間違いなくここに流されてくるでしょう。
気を引き締めてファーストキャスト。

岸から2メーターほど離れたところに着水させて、しばしのあいだポーズを取りました。
この荒れる水面で、リビングデッドのボディサイズに気付いてもらえるでしょうか。
少々不安です。
たゆたうオチアユをイメージして、優しくチョンっとアクションを加えました。

その直後、激しく水面が割れました。

Image65371.jpg

狙っていたとは言え、あまりに筋書き通りの一匹です。

「予測を立て、実地で試し、修正を加える」
釣りにしてもルアー作りにしても、この繰り返しの先にイメージした魚が待ってくれています。
いつもなら、予測は微妙に、あるいは全く外れ続け、なかなか魚に辿りつけません。
いつもなら。

全てがピタリと一致したせいか、呆然と興奮が同時にやってきました。

comment

あるある、そういうのん 年に1,2回あるかな?ってとこですけんど。
あまりにもピタリすぎて感動よりも呆然としてしまって、まるでゾーンに入ったかのようななんとも言えない釣れ方でそのフィールドのMAXサイズが出たときぃ。
そういうのんて脳に焼きつきまくってるのよねえ。
これがまた再現が出来ない というより同じシチュエーションに中々巡り合えないのが悔しいんですよねえ。
2011/10/27 10:20 | URL | ナベちゃん [ 編集 ]

すごい!「偶然」が全く入り込まないで釣り上げた魚で50センチ!こんな釣りしてみたいです。
自分は予測を立てる為の知識と経験不足をひしひし感じてます・・・・。
2011/10/27 21:02 | URL | MYGのA [ 編集 ]

ない…そんな経験…(涙)羨ましい~
2011/10/27 21:50 | URL | 通りすがり [ 編集 ]

>ナベちゃんさん
お久しぶりです!
確かに脳に焼き付いてしまいました。
何度もリピートしてしまいます(笑
もしベントミノーの威力を知らなければ、フミさんがリビングデッドを送ってくださらなければ、オチアユ漁師さんに出会わなければ。
たくさんの予期しないファクターが折り重なって巡りあえた一匹だと思います。
この見えざる力に深謝です。

>MYGのAさん
ありがとうございます!
私もここまでの一致は初めてでした。
なにせ普段は魚が釣れる場所ではないんです。
今年、さんざん空振りを続けてきた成果がちょっと出たのかなと余韻に浸っております。

>通りすがりさん
上手い釣人を見ていると、とにかく観察力が鋭いので、それに習って小さなことでも見逃さないようにアンテナを張るというのが今年のテーマでした。
釣り場に通って観察を続ければ、いつかきっとこういう魚に巡りあえると思います!
私も次の「その日」に備えて日々精進していきます。
2011/10/28 03:29 | URL | 六度九分 [ 編集 ]

自分が良い魚に出逢えた時って、意識せずにその場の状況から閃きを得た時が多い気がします。

狙ってはいるんだけど、自然と、ふとアプローチした時っていうか。

そういう感覚を覚えてしまうと、どんどん深みにハマっていってしまうんでしょうね~(笑)

とにもかくにも、ベリーナイスフィッシュです!!
2011/10/28 13:32 | URL | M木 [ 編集 ]

その昔ヒヨコの山科さんがリビンググデッドの事を、「死にかけ特別」と言っていたのを思い出しました。
もう12、13年前の事ですが。。
ともあれ、名作と言われるものは、今もなお現役で活躍するんすね。
時代を感じさせないオリジナル。
作者の魂がいまだに宿っているルアー。良いですね。
ナイスフィッシュ、おめでとうございます。
2011/10/28 16:53 | URL | peizvoice [ 編集 ]

>M木さん
自然と、という感覚はすごくよく分かります!
と言うのもこの日は、釣り場に着いたとき、何となくいつもと立ち位置を変えてアプローチしたんです。
あとから考えると、その一瞬の判断って説明がつかないんですよ。
「ふと」とか「自然と」としか言えない、まさに感覚的な判断でした。
これ、磨きたい能力ですね(笑

>peizvoiceさん
ありがとうございます!
「死にかけ特別」とは初耳でした。
どういう意味なのでしょうか、気になります。
私の手元にあるリビングデッドは、フックが8番くらいの大きさで、かつイーグルクローのようなネムリが入ったブロンズでした。
ボディもファットですし、釣る前は針掛かりの面を心配していました。
でもいざ魚を掛けてみると、まとわりつくように2本掛りしていたので、ランディングも落ち着いて出来ました。
この辺もきっと作り込まれているのだろうなぁと感じられて、ちょっと嬉しくなりました。
2011/10/29 07:37 | URL | 六度九分 [ 編集 ]

理詰めじゃないけどパズルをはめてくような
ホントに狙い澄ました一匹だったんですね!
答え合わせしたら全問正解、一発合格!
ぞくぞくしますね(笑)
やはりさすがです!!
2011/10/29 10:49 | URL | カワサキ [ 編集 ]

まいどです^^
イーグルクロウの8番とな!!!(焦)
某BL○Cの黒○さんのイーグルクロウを使う理由は釣れ過ぎないこと!!と仰っていました!!。
しかし・・・確かに掛かるとバレ難い気がします。レジェンドKTさんの魚をみていてズッと思っていました。
しかし・・・やっぱりモッテルねぇーーーーっっっ!!
(世界のT・NAMIKI風)
2011/10/29 11:26 | URL | 相棒鮎瀬 [ 編集 ]

>カワサキさん
本当にゾクゾクしました。
こんな一匹にはなかなか巡り合えないぶん、喜びもひとしおです!
しかも周りに幼稚園児がいて、一緒に盛り上がってくれました(笑

>相棒鮎瀬さん
黒沢さんがニヤリとして「強いて言えば釣れすぎない事」と仰るのが目に浮かびます!(笑
ゲイプの幅が狭めなところといい、イーグルクローは何を狙っているのかまだ分かりかねるところが多いのですが、理解のきっかけをちょっと与えられたような気がします。
この一匹を機に、効きそうな場所がもう一つ思い浮かんだのでまだ釣りますよ(ニヤリ
2011/10/31 11:35 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/572-94064692

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ