2011/10/21 (Fri) 跳ねる魚の正体
通勤途中にある川で、ここのところいつも魚が跳ねています。
土手から確認できるくらいの、わりと大きな群れを成していて、それぞれ20センチくらいの大きさがありそうです。
それが水面をピシャピシャと割るので、気になって気になってしょうがありません。
この時期になると毎年見られる光景で、毎年気になっていたのですが、いったい何の魚なのか分らないままでした。

今朝もいつもの様に自転車で通りかかると、ウェーダーを履いた3人のおじいさんが、まさにその群れに向かって投網を放っていました。
これはチャンス。
ちょっと寄り道をして、河原まで降りてみました。
何の魚が取れるんですか?

PA212972.jpg

「鮎、鮎!」
威勢の良いおじいさんが、跳ねる魚の正体を教えてくれました。
産卵を終えて下流に下る過程で大きな群れを作るそうなんですが、群れるとなぜか水面で跳ねる行動がしょっちゅう見られるそうです。
エサを食べているんでしょうかと尋ねたところ、そういう訳では無さそうとの答え。
もう少し冷えてくると、海に帰って死んでいくそうです。

私の知っている落ち鮎は、もう少しサビが出ていて、どちらかと言うとウグイのような赤黒い色をしているイメージです。
見せて頂いた鮎は、シルバーとホワイトが目に飛び込んできて、どちらかと言うと夏の鮎に近いような感じでした。
死ぬ直前で色が変わったりするんでしょうかね。
あのおじいさん、何でも知ってそうだったので聞いておくべきでした。
ちょいと後悔。

15分くらい立ち話をしましたが、その間におじいさんが投網を投げることはありませんでした。
私と喋っていたからではなく、なかなか岸近くに寄ってこないので捕るのが難しいんだそうです。
あれだけたくさん群れているのに意外ですね。

「1メートル近づくと1メートル離れるんよ。あと1メートルがむずかしいんよ。」

comment

1メートル近づくと1メートル離れるんよ。あと1メートルがむずかしいんよ。

なんか心に響く言葉です。
恋愛にも似た。
2011/10/22 09:28 | URL | peizvoice [ 編集 ]

要点だけを的確に話すおじいさんだったので、いちいち「なるほど~!」と頷かされました!
それにしても、鮎は身危険が及ぶ距離がどうして分かるんでしょうね~
不思議です。
2011/10/22 16:35 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/569-9ee9a3bf

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ