2011/08/15 (Mon) ホイル貼りに挑む
プロショップオオツカさんからのオーダーで、キングマーマー・ダイブのホイル貼りを製作中です。

P8132838.jpg
(画像は試しに作ったキングマーマー)

いわゆるハンドメイドルアー隆盛期のリアルミノー世代にとって、ホイル貼りはある意味「できて当たり前」の技術だそうです。
しかし私はクランクベイトからルアー作りに入ったビルダーであり、アメリカンクランクを見て育った世代です。
ホイル貼りは、ずっとハードルの高いカラーリングでした。
昨年頃からちょくちょく作り始めて、やっと人並みに作れるようになってきた感じです。

P8132839.jpg

両方とも同じ塗料でグリーンバックゴールドを塗ってみました。
ご覧の通りまったく光り方が違います。
同じ角度で写しているのですが、反射の強さはペイントのシルバーよりも圧倒的にホイル貼りが勝りました。
光るから釣れるというもんじゃありませんが、視覚的に差があるのは確かです。

BLCCさんが作られているTバドというルアーがあります。
リップがアルミ板で出来ているのですが、これを水の中で見るとめちゃくちゃ目立つんですよ。 
特にルアーが前方から迫ってくるようなアングルで見る時は、ボディよりもテールのブレードよりも、とにかくリップの反射に目がいきます。
金属系の光は、蛍光などの派手なカラーよりも遠くから気付かれやすいと聞いてはいましたが、実際に自分の目で見て納得しました。
ペラとか、ブレードとか、ホント目立ちますよね。


comment

ホイルも艶めかしいですね。ホイルギルとかラパラっぽい銀黒、金黒とかあったら集めてしまいそうです…
昨年の夏色ネオンの使いどころに迷うのですが、爆発的に効きそうな状況あれば参考にさせてください。痴虫ノートより濁ったら青とありますが背中のピンクとのコントラストで濁りに強そうなイメージですが。
2011/08/15 21:06 | URL | NB734 [ 編集 ]

>NB734さん

ホイルギルいいですね!
もともと私が青色を塗り始めたのは、山北ルアーさんの風鈴に影響を受けてのことです。
古いバグリーに青タイガー(正式名称は不明)という色があり、確かその色をベースにされていました。
やはり濁った時に強いらしく、普段投げているホットタイガーなどから青タイガーに変えると一回り大きいサイズが反応するケースが多々あったそうです。

ネオンカラーについては青もピンクも蛍光になっております。
青タイガーとは少し違うせいか、私は濁りよりもシェードやローライトといった薄暗い場所で良い釣りをした経験があります。
ぜひ色々な状況で試してみて下さい!
2011/08/18 11:45 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/549-221fab17

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ