--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/14 (Thu) ダイブに学ぶ
通りすがりさんからキングマーマー・ダイブへの質問コメントを頂きました。
あれからもう半月近く経った気がします。
通りすがりさん、通り過ぎていらっしゃらないかしら。
少々心配ですが書き留めておきたいと思います。

ここのところ、キングマーマーでの釣果報告をたくさん頂いています。
しかも軒並み40センチを超える魚ばかり。
50センチを超える魚も、私が聞いているだけで8匹を数えます。
皆さん凄いですね。
キングマーマーを持っていらっしゃる方、まさに今が投げ時です。
旬を逃さず釣っちゃって下さい。

しかしなぜ、この時期になるとやたら釣れるんでしょうか。
梅雨を引きずる7月半ばは、まだまだ良いサイズの魚がシャローに残っています。
その原因は大きく二つ。
雨による増水、濁りは魚を浅瀬に押し上げます。
大ちゃんさんも指摘されていましたが、産卵後にシャローをうろついている魚も少なくありません。

この条件が重なるおかげで、効果的なレンジが1メーター前後であるキングマーマーに反応が良い、という訳です。
ちょっと大雑把ですが、こんな感じの理解で大筋に間違いはないと思います。

最高気温が35度を超える日を猛暑日と呼びますが、2010年の岡山では8月15~26日にかけて連続12日間の猛暑日という記録が出ました。
熱中症患者が過去最多でもあった昨年は、加えて雨量が少ない傾向にありました。
暑くて雨が降らない。
という事は、ほとんどの釣り場で水位が下がります。

私がキングマーマー・ダイブを使ってばかすか(と言っても許される気がします。なにせ40匹は釣ったんですから。えへん)釣っていたのはそんな最中でした。

種類を問わず、ウィードが生える釣り場では、ゴールデンウィークを過ぎたあたりから凄まじい勢いでの生長が見られます。
特に晴れの日が続いたあとは、同じ釣り場とは思えないほどニョキニョキ伸びています。
7月ともなれば、水面が覆いつくされる釣り場もちらほら。

追い討ちをかけるように、ここから水位の低下が始まります。
田んぼに水を引いたり、端的に蒸発したり。
シャローに生えていたウィードは行き場を失い、折り重なって魚が入り込めないほど密度を増していきます。
風からもプロテクトされ、水温が上がり、水が澱んでしまう。
こうなると、魚はシャローに留まる理由がありません。

去年のケースで言うと、そういう魚達は風通し水通しのよい沖のウィードへ移住していました。
それをダイブで釣っていた、という訳です。

面白いのは、こういう釣り場を多くの人が敬遠していた点です。
入れ代わり立ち代わり釣人はやって来るのですが、どうも攻め手を欠くようでした。

その時の釣り場は、岸から手前3~5メートルほどのスペースがすっかりウィードに覆われていました。
そうなるとウィードの上か、僅かなオープンスペースを狙うしかありません。
ノーシンカーやポッパーでは探れる範囲が限られています。
かと言ってスピナーベイトでは、高低差のあるウィードにつかまって藻団子になってしまう。

そこで沖のウィードを狙うわけですが、まず飛距離が出ないと釣りにならないので、その時点でルアーが限られてしまいます。
50メーター以上の飛距離が出て、水深2メーターレンジを狙えるルアーは、私の知る限りほとんどありません。
しかもウィードの釣りなので、フローティングと言う条件が欠かせません。

今朝は、久々に似たようなシチュエーションでダイブを投げてきました。
一年を経て再び巻いてみて「やっぱり使えるルアーじゃん」と思えたのが収穫でした。
特に浮力のさじ加減が我ながら秀逸です。
お伝えしている通り、ここのところ横綱のテストに精を出しているのですが、ウィードをテンポよく釣れるかどうかは、浮力の微妙な差に掛かっていると痛感しています。
その点から見て、ダイブは早く浮きすぎず、かつウィードをストレス無くかわす絶妙な浮力だな、と。

こんなような理由で、シャローの条件が悪くなったウィードエリアでダイブが活躍するという訳です。
通りすがりさん、ご納得いただけましたでしょうか?

私が釣っていたのは、恐らくほとんど誰も狙っていないイージーフィッシュです。
ダイブを作って一番びっくりしたのは、ハイシーズンにもかかわらずそういう手付かずの魚が居る事でした。
大事なのは、自分の持っているルアーがどういう特徴を持っていて、どういう場所で活躍するのかを一つ一つ丁寧に知っていくことです。
そのストックが増えると、それぞれのルアーの「投げ時」に気付く勘が鋭くなっていきます。

他の人がうっかり見落としている魚が、今日もどこかに居るんじゃないかと思うとワクワクしてきます。
してきません?

comment

にゃるほど!!この文章を読んだだけでオラわくわくしてきたぞ~!

さっそくフィールドへGO!ですね(^^v
2011/07/15 21:34 | URL | あっくん [ 編集 ]

やっと書いていただけましたね~ありがとうございますm(__)m
実はこの内容読む前に沖のウィードに遠投し浮かしてたらバコン!とでたんです!残念ながらばれましたが…
この内容読んでもう一つ理解しました!
いや~ルアーを理解するって楽しいですね~
2011/07/15 23:34 | URL | 通りすがり [ 編集 ]

わくわくしちゃいました~

なんというか、最大公約数を当て込むような「パターンフィッシング」って、ツマンねーな。と、ずっとずっと思ってたんです。そこで、ぴんのピンにいるイージーフィッシュをすくい上げてく感覚にシビれました!!こういう釣りをオレはしたかったんだーーーって。シャンパンにまみれてお話させてもらってときのコトがシックリ来ましたぜ!!さぁー明日の夜明けはキングマーマー縛りで行くぜーーーー
2011/07/16 21:07 | URL | MYGのA [ 編集 ]

むふふ♪ダイブでハ゛スキャッチ~まわりがハードルアーキャストしてないなか飛び出しました♪
2011/07/17 10:11 | URL | 通りすがり [ 編集 ]

>あっくん
なんだかんだでイメトレが大事ですよね!
ちょっとでも良いバスを釣るきっかけになれたら嬉しいです。
というか、最近つりすぎです!

>通りすがりさん
おおおっ!ダイブバス、おめでとうございます!
書くチャンスを頂いたおかげで、私もちょっとスッキリしました。
キングの釣れっぷりは浸透してしたように思うのですが、ダイブはまだまだだと感じます。
もう一歩踏み込んで伝えるには、やっぱり動画が良いんでしょうかね~
ぜひ使い込んで、ダイブも釣れる事を証明してやって下さい!!

>MYGのAさん
わくわくがむくむくですね!
しゃんぱんの中を泳いでいる時に何を喋ったか覚えていませんが、シックリきたなら万事オーケーです!
春や冬だと釣り方が限られてしまうので、どうしても皆で同じ魚を狙う感じになってしまうと思います。
でもハイシーズンなら、色々な釣り方に反応してくれるだけに、自分の魚を見つけるのも夢じゃないとダイブに教わりました。
ぜひMYGのAさんも自作でマイフィッシュを探してみて下さい!痺れますよ!(笑
2011/07/18 16:39 | URL | 六度九分 [ 編集 ]

是非ともdvdに!OPAマガジンで痴虫さんとコラボはどうですか。
2011/07/19 21:52 | URL | 通りすがり [ 編集 ]

DVDのご要望をありがとうございます!
痴虫さんとのコラボは難しいかもしれませんが、ぜひとも友情出演はお願いしたいです!(笑
2011/07/19 22:12 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/542-da5e91ef

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。