2011/07/11 (Mon) 鋼派の記憶 その1
ちょうどひと月前の出来事。
鋼派の日の記憶を忘れないうちに書き留めておきます。

会場である新利根川で釣りをしたのは、今回で3度目でした。
最初は2009年の鋼派前日。
地元釣りウマのマツザッキさんに連れられて、良い釣りをさせてもらいました。
2度目はその翌日。
吉田幸二さんと同船して松屋ボートより上流を釣り上がって行きました。
この日は残念ながらボウズ。
つまり3度目である今回の鋼派は、ある程度の釣り場のイメージが出来上がった状態で挑んだわけです。

私は作戦を立てました。
初年度(2008年)からずっとトップウォーターが優性である理由として、季節的に岸際に魚が寄っている事を見逃せません。
つまり岸際から1メーターくらいが美味しいんです。
この狭いスペースを狙うのにクランキングは非効率です。
岸と平行にクランクを通せれば魚と出会う確率は上がっていくでしょうけれども、数十艇の船がひしめく大会ではそうもいきません。

ブレイクラインにも魚がうろついている事を知ってはいました。
これこそクランクで狙いたい魚です。
が、肝心のブレイクの位置と水深がよく分かりません。
加えて今回はバックシートからの釣りになるので、流す範囲を決められません。
流す範囲とクランクの種類を主体的に決めて釣らないと、私は何をやっているのかわからなくなってしまうんです。
なのでクランキングはメインに据えない、と決めました。

では何をするのか。
キングマーマーを使ったトップウォーターの釣りが一つです。
首振り&ポーズで水面をスローに探るこの釣りは、私の中で確立された自信のある釣りです。
ただ、周りにトップウォーターを投げる人が多く、さらにその手練がたくさん居る大会で別の魚を引っ張り出せるかというと疑問符がつきます。
なので、この釣りは朝の良い時間帯の手としました。

もう一つは、マーマーとキングマーマー・ダイヴによる高速ジャークの釣りです。
早いスピードのジャークで気付かせて、一瞬の間で喰わせるこの方法は、5月にカヤさんが来岡された時に効いた釣りです。
岸際から1メーターという狭い範囲を狙うのに、強く水を動かして反射的に口を使わせられる高速ジャークはアリなんじゃないかという予想です。

そしてメインとして考えていたのが、アトムを使ってフワフワと水面直下を漂わせる釣りです。
使ったことのある方はご存知だと思いますが、アトムは軽いシェイクやトゥイッチに機敏に反応します。
しかも移動距離が短いので、トップウォータープラグのように狭いスペースで、魚に長くルアーを見せることができます。
それを水中で行う、という点に可能性を感じていました。
トップウォーターとは違う魚を反応させられるんじゃないか、と。

朝、痴虫の松本さんに連れられて新利根川に到着。
まだ午前3時頃だったように思いますが、参加する人達がもうワサワサとしていました。
おー、なんか楽しみ。
ワクワクしてきました。

もうすっかり明るくなった午前5時過ぎにスタート。
無数に浮かぶレンタルボートを見て、こういう釣り大会って関東の文化だなぁ~と感じました。

P6122674.jpg

パートナーのヨシヤマさんはトッパー寄りのオールラウンダーなので、クランクもトップも用意されていましたが、全体的にはトップウォーターをメインに攻めていました。
関係ありませんが、ヨシヤマさんは先日のJFLCC東京で古いクランクを大量に入手されたそうです(バグリーとテネシーシャッド関係を主に漁りました、というマニアックなメールが届きました)。
私は予定通りキングマーマーのちゃぷちゃぷ釣りを展開。

我々は下流に向けて船を進めました。

comment

もう一ヶ月経つんですね~。

しみじみ。

あの大会で、行友さんがどの様に展開していったのか…。

非常に興味深いところです!
2011/07/11 21:27 | URL | M木 [ 編集 ]

逆に私は、まだ一カ月しか経っていないんだという感じです。
半年前と言われても違和感がありません、、

ご期待に添えるか分かりませんが、だいたい書きあげたので今日中にはアップしますね~!
2011/07/12 09:11 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/539-f24d3b75

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ