2011/05/21 (Sat) 春は過ぎゆき三目釣り
産卵前後の釣りは苦手で、毎年苦労しますが今年も克服はなりませんでした。
つまり、今のおれの実力なら、と期待したほどは釣れませんでした。
でもちょっと光が見えました。
ま、毎年そう思うのですが。

GW以降の岡山はシャロークランクでも釣りやすい魚が増えてきて、私でも釣れます。
今日は短時間釣行に行って来ました。
まずはビーツァのM7からスタート。
先週の大雨でいまだ濁りがとれず、やや白濁していたので最初はゆっくりボトムを舐めるように巻いてみます。
しかし反応がありません。
じゃあちょっと上の層を狙ってみるかと言うことでアトムにシフト。
しかし濁った中層を小粒のルアーで狙いきるには、私の集中力が持ちません。
なので今度はキングマーマーでややスピードを上げて中層を狙う。
うー、魚はどこだー。

手持ちのルアーは残り一つ(ポケットに入る分だけなので、いつも4つくらいなのです)。
最後の砦、オチアユミノーを投入しました。
実はこのルアーを使うのは始めてなのですよ。
手で持ってみた感じでは、水面直下をデッドスローで扱うイメージ。
いざ泳がせてみると、そのイメージとは裏腹に、けっこう水が抜けます。
つまり巻き感はかなり軽いんです。
ブレードを付けていないせいもあると思うんですが、早めのリトリーブでもストレスなく巻けます。
これは意外でした。
1オンス近くあって飛距離も伸びるのでビュンビュン投げて、グリグリ巻いているとゴンッという応答。

P5202628.jpg

かなり大きめのナマズでした。
思い返せばデカビーツァで一番最初に釣ったのものナマズでした。
このご縁はいったい、、、

それはさておき、他魚種とは言えファストリトリーブに反応する魚が居ることは分かりました。
この期に及んで思い出すのもアレですが、毎年この時期はマーマーのファストリトリーブでよく釣っているんです。
ただ今日はマーマーがありません。
しかも水はやや濁り気味なので、やっぱり中層よりもボトム近くを通したい。
と言うわけで再びビーツァM7を結びました。

ルアーがボトムにタッチしてからは竿を立てて、優しくボトムをかするようにリトリーブ。
しかしスピードは落とさずに。
3投目で、ぐーっとロッドが曲がりました。

P5202629.jpg

釣れましたぞーーっ!
誰もいない水辺で独り吠える。

この時期になると、なぜかファストリトリーブに反応する魚が増えます。
あんまり大きいのを釣った記憶はないんですが、何をやってもダメな時に思い出したように早巻きすると貴重な一匹が釣れます。
今日みたいに。

P5202631.jpg

最後に雷魚を仕留めて三目釣り。
満悦。

comment

お見事です!!
私ならバス鯰雷魚と1日で3種も釣れたら狂喜乱舞してしまいます(笑)
五目となると残すはブルーギルとニゴイでしょうか…
2011/05/21 10:36 | URL | カワサキ [ 編集 ]

僕もこの時期苦手です。。。
最近はナマズに相手してもらってます^^ 狙ってるのはバスなんですけどね。
ポケットに入るくらいまでルアーを絞り込めるのがすごいです。
ファストリトリーブ、試してみますー^^
2011/05/21 11:57 | URL | うっちー [ 編集 ]

>カワサキさん
川ならシーバス、ウグイで五目って手もありますね(笑
この日はもう一匹雷魚を釣ったんですが、アトムが丸呑みされて大変でした。
なにせルアーに歯形がつかないくらいの、丸呑みっぷりだったので。。
ロングペンチは必須ですね~!

>うっちーさん
こちらは昼間に鯰の群れが見えるほどうようよしています。
この中からバスを選んで釣るのは、確かに至難の業です(苦笑
水深によってファストリトリーブ対応のクランクをいくつか持って行くと、それだけで釣りになったりします。
ちなみにビーツァは何が良いって、スローでもしっかり魚を狙えるところなんですよ!両方で使えるルアーはやっぱり便利です。
2011/05/22 17:05 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/528-258b7903

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ