2010/12/06 (Mon) JFLCC名古屋を終えて
JFLCCに行ってきました。
生まれてこのかた名古屋に縁が無く、愛知県を歩いたのは今回が初めてです。

4日の夕方に到着して、ルアーショップおおのさんを目指しました。
えらい昔のロッドアンドリールで名古屋釣方の記事を見て以来、おおのさんの名前は、物忘れの激しい私の頭にも残り続けました。
当時のスタッド&ジグヘッドの記事は、相当にインパクトがあったんだなぁ。
西根さんが98年頃に削られたドリームラッシュの原木を見せていただいたり、昔はワームをバラ売りしていて小学生が集まるお店だった話などなど、たいへん温かく迎えて頂きました。

その後は塚本さん夫妻、迷ぴあにすとさんと合流し晩御飯をいただく。
塚本さんご馳走様でした。たいへん美味しいお肉でした。

翌朝は会場であるダイヤモンドホールに9時に到着し、バタバタと準備。
机を川に見立ててオイカワの群れを作り、真ん中に一つだけ真っ黒のキングマーマーを添えてスイミーを演出しました。

10時の開場と同時に、ルアーを偏愛する諸兄がぞろぞろと入場。
絶えず、誰かしら話し相手をしてくれたので、閉場の15時まであっという間でした。
最後の30分で隙を見て会場をぐるりと一周。
オールドへドン、オールドアブといった王道から、塊メンバーのような個人ビルダーまで、偏った釣り道具達がこれでもかと密集していました。

方向性が全然違う、けれど極度に偏った釣り人たちが、クロスオーバーする機会はめったにありません。
「戦前のへドンが面白いんです」なんて普通じゃ聞けない話ですもん。
ブライトリバーのマツモトさんやアカシブランドの明石さん、T,Hタックルの濱田さんやA.H.P.L. の安藤さんなど、こういう機会がないとコンタクトが難しい方ともお喋りできました。
マツモトさんがキングマーマーを持っていらっしゃると聞いて、めちゃくちゃビックリしました。

ビッグオーのオリジナルを拝む幸運にも恵まれました。

PC052350.jpg

PC052349.jpg

PC052348.jpg

PC052347.jpg

PC052346.jpg

PC052345.jpg

手に取った瞬間、ゾワっと全身の毛が逆立つような感覚を憶えました。
ヘドンやクリークチャブなど、歴史あるオールドルアーに触れても起こらなかったことが起きたのは、やっぱり私がクランクベイトばかりを追いかけてきたからでしょうか。
大きさと言い、形と言い、リップのサイズ・角度と言い、クランクベイトの始まりと呼ばれるルアーがすでに「出来上がっている」ことにドキドキしました。
手紙は「納品予定から一年も過ぎちゃってごめんね」という内容だそうです。
昔からハンドメイドビルダーは似たような感じなんですね。
なんかちょっとホッとしました。

モノからエネルギーをもらい、人からエネルギーをもらい、実りの多いJFLCC名古屋でした。

comment

まいどです^^
名古屋遠征お疲れ様でした!!!名古屋での「塊」の熱狂具合が福島にいても容易に想像できましたよ!!(笑
今回はスペシャルなタイミングでKT氏も名古屋に参戦できましたし^^名古屋のその場に「チームトーホク」が2名居る事の奇跡!!!
んん!!オカシイゾ!激烈にアツイな!!。
オイラもいずれ・・・・・(炎)
BIG O!!!見たかったぁ~~~!!
2010/12/06 21:47 | URL | 相棒鮎瀬 [ 編集 ]

充実した名古屋遠征でした!
たぶん、AYSさんにとってはJFLCC自体がかなり危険な場所かと思われます。
金属プレート付きのウッドタドポリーコレクションとかグッときませんか?(笑
その道に入る人の気持ちが、少しでも感じ取れてしまった自分が怖いです。

KTさんはただいま香川だそうですね~
移動中に間違いなく野池を見ているはずです。
そしてテンションが上がっているはずです(笑
2010/12/07 18:34 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/491-346d8a63

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ