2010/09/12 (Sun) BLCCを訪ねて
もう一週間前の話ですけれど、東京に行ってきました。
予告どおり、痴虫さんの個展「痴虫ボックス」を見に行くためです。

せっかく上京するのだからという事で、今回はチームトーホクの相棒鮎瀬(AYS)さんと一緒に、東京は町田市にあるBLCCへも足を伸ばしました。
BLCCと聞いてピンとこない人も、Tバドの名は耳にした事があると思います。
津久井湖、相模湖という釣るのが難しい湖で、釣れるルアーとして名を馳せた「Tバド」の生みの親である黒沢さんが営む釣具屋さん、それがBLCCです。

3年くらい前のバサーで紹介されていた黒沢さんのタックルボックスには、オールドバグリーや腹巻きラパラがこれでもかと詰まっていました。
あの写真はインパクトがあったなぁ。
私は別に懐古趣味はありませんが、歴史を学ぶのは大好きです。
事前にAYSさんが連絡を入れて下さったおかげで、今回はあのタックルボックスを見せて頂ける事になりました。
わくわく。

P9042126.jpg

P9042113.jpg

P9042109.jpg

P9042128.jpg

今までも古いルアーを見た事はありましたが、こんなに大量に、いっぺんにお目に掛かったのは初めてでした。
あぁ幸せ。
でもこの状況、ルアービルダーにとっては生殺しみたいなものです。
だってほら、こういうルアーがどういう風に動くのか気になるじゃないですか。

P9042121.jpg

でも、もしこれが「量」だけであれば、あんなには盛り上がらなかったかもしれません。
黒沢さんから聞いたのはコレクションの話ではなく、実際に使って釣っていた「生きた」ルアーの話でした。

バグリーのシャイナーというルアーをご存知でしょうか。
リップレスのフローティングバイブであるこのルアーには「こうもり巻き」と呼ばれる、特徴的な釣り方があります。
マニアたちの間では、神奈川にあるフジ釣り具が広めた釣り方として有名でした。
当時、こうもり巻きについて名前しか知らなかった黒沢さんは、フジ釣り具の人に、こうもり巻きって何なんですか?と聞いてみたそうです。

「あれは夕暮れ時にとにかくゆっくり巻くんだよ。 そうすると、こうもりが糸に当たってくるだろう。 それでルアーにイレギュラーなアクションが生まれるんだ。」

これを聞けただけでも足を運んだ甲斐がありました。

ひとつのルアーから、湧き水のように話が紡がれる様は本当に圧巻です。
きょうび、ネットがあれば最新の情報や釣り具にはいくらでもアクセスできます。
古いルアーの情報だって、ちょっと探せば難なく見つかります。
でも、BLCCという釣具屋、黒沢さんの経験、ン十年を生き抜いてきたルアー、この組み合わせが生む磁場は、簡単に築けるものでもなければ、ネットで出会えるものでもありません。
ルアーについての個人的な物語を40年に渡って重ねてきた黒沢さんの話には、ルアーの豊かさと可能性を見た思いでした。

でも私が本当に驚いたのは、古いルアーが詰まったボックスの中にエバーグリーンのサイドステップを見つけたことです。
今なお研究を続け「止まっていない」黒沢さんに、私は畏敬の念を抱いたのでありました。
まぁ、そうでないとTバドのような釣れるルアーは生まれませんってね。

気付けばもう午後3時。
2時間以上は喋りっぱなしでした。
まずい、エネルギーの大半を使い果たしてしまった。
35度の日差しの中、痴虫ボックスの会場である原宿ビームス・トーキョーカルチャートへと向かいました。

comment

まいどです^^
BLCCはいつ伺っても刺激的な空間です!!
それは、ルアーだけではなく、温和そうな黒沢さんの話が、バスフィッシングに情熱を傾けた40年の積み重ねによるものだからに他なりません。
黒沢さんは「バスの頭の中を覗きたい」と言っていました(笑)
50を過ぎた大人の発言とは思えないです(爆)
しかし、その全てがバスフィッシングに向けられたものなのです!
黒沢さんのブログでも書いていた通り、絶対的な時間が足りませんでしたね・・・・。
今度は町田に泊りがけで行く必要があるようですね。

その前に、BLCCに向けての体力強化に精を出す必要があるようですな(爆)


2010/09/12 15:37 | URL | 相棒鮎瀬 [ 編集 ]

良い時間でしたね~!
お付き合い頂きありがとうございました。

ちなみに昨日、Tバドで初フィッシュを掛けましたが惜しくも逃げられてしまいました。
いや、お世辞にも惜しいとは言えないかもしれません。
着水時にウィードに掛ったらしく、もーと思って竿を煽って外そうとしたら、バスが跳ねて口からふっ飛んでいくTバドが見えました。
40センチは下らなかったと思います。
我ながら滑稽でした。

BLCCにももちろんまた行きたいところですが、欲を言えば津久井湖で黒沢さんの釣りを見せてもらいたいですね~!
2010/09/14 08:41 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/473-a51bc4fa

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ