2010/08/23 (Mon) 釣りキチ三平を言祝ぐ
禁酒会館の向かいにシンフォニーホールという円筒形で紫色をしたビルがあり、その地下一階に丸善が入っています。
工房から「息を止めて行ける距離」にあるので、幸か不幸かわりと頻繁に吸い込まれてしまいます。

昨日はパッケージ用の紙を買いに出かけたところ、一角にあるギャラリースペースで「釣」の文字が見えた気がして、無意識に目が向きました。

矢口高雄版画展 ―釣りキチ三平―

あ!釣りキチ三平の矢口先生じゃないか!!
これもご縁、買いものは後回しにして、まずは絵を観よう。

「釣りキチ三平」というと今の30代後半、ちょうど私の一回り上くらいの釣り人にとっては釣りバイブルのようなものであるらしく、時おり話のスパイスとして登場することがあります。
しかし、釣りキチ三平を一度も読んだことのない私は、その内輪の話題になかなかついていけません。
ウィキペディアで調べると、漫画の連載は1973年から1983年、テレビアニメは1980年から1982年の放映とありました。
なるほど、そういう事か。
私が生まれる1984年以前に隆盛期があったんですね。
1Q84生まれの私にとって釣り漫画と言えば、「グランダー武蔵」や「Mr.釣りどれん」といったバス釣り(ルアー釣り)モノがほとんどでした。

そんな私でも「一平じいちゃん」とか「ゆりっぺ」「魚紳さん」といった登場人物には耳馴染みがあります。
さらには、そのキャラクターや関係性にも一定の知識があります。
そういう知識の仕入れ先はどこかと言うと、もっぱら昔のバサー(2006年の6月号)の釣りキチ三平特集や、実写版映画の広告といったマスメディアからでした。
たびたび「釣りキチ三平にまつわる話」がメディアで組まれるたび、隆盛期を知らない私も三平人気をうかがい知るのでありました。

ギャラリーはさほど広くないので、5分もあれば一通り目を通せました。
飾られた版画の中には、バス釣りをしているものも3点ありましたよ~
スペースの脇っちょには、ボールペンやらタオルやらの「三平グッズ」が並んでいました。
マニアにはたまらんのでしょうね。
本屋なので、もちろん各種関連本が山積みされていました。

この際だから一冊買うか。
どれにしようか迷ったあげく、講談社漫画文庫から出ている「釣りキチ三平アユ釣り編」を購入。
さっそく「息を止めて帰れる」禁酒会館に帰って読み耽りました。

ややや、これは、、面白い!!
こりゃ釣りそのものですね。

三平くんが時々やる「鼻をこするしぐさ」は、釣りキチ三平を読んだことがある方ならすぐにピンとくる絵だと思います。
この「鼻をこするしぐさ」というのが、読了しての印象深いキーアクションでした。
鼻をこする時、というのは基本的に「照れる」という感情が起動したときであり、三平くんが魚を釣っただけで「照れる」ことはありません。
近くに第三者の存在が意識される時点で、つまり魚を釣って「へへっ」という自慢げな気分になり、それを見てくれる誰かが居て初めてこの「鼻をこするしぐさ」が生まれる訳です。
そういう釣りを通じてあぶり出される「人間的なもの」が随所に散りばめられ、ページをめくるたびに「わかるー!」という感想をもたらしたのでありました。

あ、そんなの当たり前ですかね。
でも仮に今の時代から遠く離れた人、例えば江戸時代の釣り師が「釣りキチ三平」を読んだとしても「わかるー!」という共感を呼ぶのは必至のように思われます。
それくらい普遍的なものを紡いだ矢口先生、本当にすごいですね。心よりリスペクトです。

comment

まいどです^^
オイラ小学生時代の釣りバイブルです!!!
三平三平がルアー釣りというものをやっていて、闇雲に憧れました(笑)
ホームセンターで売ってる100円のスプーンやスピナーを少ないお小遣いで購入、鮒鯉しかいない公園の池で投げて、動きを見てるだけで「スッゲェー!!!」とテンションが上がっていましたよ^^
もちろん、幼少期は鮒や鯉釣りがメインで、バスフィッシングは本当の憧れ・・・。
今、釣りキチ三平を読んでも最高に楽しいのは作品としての完成度がスコブル高いということでしょう!!^^
釣り友のKT氏・・・かなりの三平オタクです(爆)
2010/08/23 19:08 | URL | 相棒鮎瀬 [ 編集 ]

100円スプーンって懐かしいですね!!
私が中学生だった頃は「こんなに安いルアーはない!」とみんなの人気者でしたが、ある日61円スピナーベイトが突然現れた事により、話題にのぼる機会はなくなりました。

鮎の友釣りなどある程度知ったような気でいましたが、土曜隠れなんていう鮎釣り独特の単語があるなんて初めて知りました。
きっと、まさにこういう吸収のされ方をした漫画なんだろうな~と思いました。
小学生の頃であればなおさらですよね!
これからコツコツ読みます。
2010/08/24 00:38 | URL | 六度九分 [ 編集 ]

グランダー?Mr.釣りどれん?ミスチル?

行友さんとの世代のギャップを意外なところで感じました~(笑)



2010/08/25 01:22 | URL | KT [ 編集 ]

今後はグランダー世代と呼んでやって下さい(笑

さっき思い出したのですが「釣りに行こうよ」という漫画も読んだ事がありました。
http://www.amazon.co.jp/%E9%87%A3%E3%82%8A%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%93%E3%81%86%E3%82%88-1-%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%A3%AE-%E4%B8%80%E7%94%9F/dp/4063123774

ストーリーのオチがむちゃくちゃ過ぎて、そればかりが印象に残ってます。
2010/08/25 18:13 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/468-2f8b0a0e

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ