2010/08/01 (Sun) Addicted To BASS
釣り場に着いて、一投目に投げたのはXLでした。

釣り人なら「そのポイントに行けば十中八九は魚が釣れる」という自信のある場所を一つや二つは持っていると思います。
私にとって最近のソレは「護岸と木の陰が絡むシャロー」であり、朝一番は必ずそこを狙うようにしていました。

残念ながら一投目に反応がなかったので、まったく同じ場所、同じコースにリトルマーマーをキャスト。

水面下30センチくらいを、目で追いながらXLと同じようにゆっくり巻きました。
ブラウンバックチャートの明滅がひったくられる事を念じつつ、静かに巻きました。
ドキドキ、ドキドキ、、、

リールを巻く間ずっとドキドキできたのは良かったのですが、魚からの反応はありません。
手持ちのルアーはこの二つだけ。早くも手詰まり。2投で万事休す。
しかし今日は秘策がありました。
いつだったか鈴木美津男さんが「一か所で首を振らせられるフロッグが凄く釣れて、トネスプラッシュはそれのオープンウォーター版でもある」というような事を仰っていたんです。

お、それだったらマーマーでも出来るじゃん。
と思いだして、リトルマーマーの首を振らせたら、想像以上にクイックかつ最小限の移動距離でターンを繰り返してくれました。
前日の予行演習を経て、今朝はこの釣り方を導入するつもりだったという訳です。

気を取り直してもう一投。
トントントントントントン、と一定のリズムで首を振らせます。
これがドンピシャでした。
関係ありませんが、ドンピシャを変換したらドンピ社になりました。
株式会社ドンピ社。よいネーミングですね。

閑話休題。
トントンターンを続けていると、すごい勢いでガバッ!と水面が割れました。
反射的にアワセるも、惜しくも針に掛からず。
無念。
でもこれは凄いぞ。
今度は違うところに投げると、またまたナイスサイズがバイト。

今までもマーマーやキングを水面で使う時に、シェイクさせたり(震えさせたり)、時折首を振らせたりして誘う事はありました。
でも水面での連続ターンは、これらとは与えるインパクトが違う気がします。
シェイクで演出できるのが弱っている虫だとすれば、鋭いテーブルターンは「ヤバい、落ちてもた、どうしまひょ」という水に落ちた虫の焦りを表現しているのではないか、と。

P7291966.jpg

この予想がハマってとうとう出ました、ナイスフィッシュ!
と話が落ちれば美しいのですが、結局、釣り上げたのはXLでした。
リトルマーマーの連続ターンで、このあとも何度かバイトはありました。
しかし何の因果か全て逃げられてしまったんです。

大きいルアーでバイトが無く、小さいルアーに変えてもバイトが無く、アクションを変えたらやっと喰らいついてきたのに逃げられ、ああどうしようと思って大きいルアーに戻したらビッグフィッシュが釣れてしまう。

これは底なし沼だ。

comment

まいどです^^
ん~~~~^^イイッッッ!!!
様々なアプローチでバスにアピールしていく・・・。
それはホントに底なし沼・・・(汗)
しかし、底なし沼脱出の鍵も、沼の底に沈んでいるのかも(笑)
探求者となるべくKEEP CASTINGなのですね^^
2010/08/01 15:09 | URL | 相棒鮎瀬 [ 編集 ]

投げるルアーによって、ずいぶん反応が違いますよね~
この時期は魚の反応が直に見えるので、余計に興奮してしまいます(笑

父にこの話をしたら
「刺激の種類を変えるのも大事やけど、刺激を与えないのも刺激になるよね」
というごもっともな意見を頂きました。
そのへんの駆け引きが悩ましいところです。

そういう訳で、明日もカギ探しに行って参りま~す!
2010/08/02 08:00 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/458-ce5ab100

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ