2010/01/11 (Mon) 言葉ダイエットの効用
今月号のバサー(218号)はもう読まれたでしょうか。
バイブレーションの特集ページにてまるまる1ページも熱弁をふるっておりますので、まだの方は是非(95頁)。
今回はお隣がイヨケンさんという事で、一見すると「おお六度九分もとうとう釣りウマの仲間入りかい?」と匂わせる構成になっています。 しかし読み比べると、イヨケンさんが「バイブレーションの音は釣果を左右する」と断言する横で、「え~と・・・」やら「ユーザーさんは偉大です」といった“らしい発言”が散見され、期待を裏切らない内容になっています。
他にも皆さんが「コンバットスティック」や「レボ・エリート」といった固有名で推奨タックルを挙げているのに、「重めのクランクのタックルがちょうどいいです」とあいまいに答えているのもファンにはたまらないでしょう。
うーん、こんなんで良いんだろうか。。

今回の取材はバサー編集部の堀部さんからお電話を頂きました。
そのとき電話を取り次いでくれた小林さんとしばらく世間話をしていたのですが、何の前触れもなく、
「ところで最近、バサー読んでます?」
と聞かれました。

「読んでません」と即答した後で、ああとっさな嘘はつけないんだな、俺。
意外といい奴だな俺、でもこの展開はまずいぞ。
読んでいないという事は「つまらないから読んでいない」と思われる蓋然性が高い。
で、でもそうじゃないんですよ小林さん、読まない私にだって一分の理があるんです、うぐぐぐ。
適当な言い訳が見当たらず、モゴモゴしているうちに堀部さんと電話を変わりました。

バイブレーション特集なのに、堀部さんが電話口でまず聞いたのはキングマーマーのジャンルについてでした。
2008年7月の発売以来キングマーマーは、クランクベイトに始まり、バイブレーション、ダーター、ペンシル、スピナーベイト、ミノーなどなど各釣り人のご都合に合わせて虹色に分類整理、ジャンル分けされて来ました。
これだけ皆が言いたい放題になるのはある種当たり前のことで、それは私が「ルアーをジャンルから作らないこと」に無関係ではないでしょう。

「卵が先か、鶏が先か」の問いは哲学的で答えはいつも藪の中という事になっていますが、「ルアーが先か、ジャンルが先か」という問いは極めてイージーに答えられます。
クランクベイトという言葉が先にあってクランクベイトが出来上がった訳ではなく、「丸っこく削ったら何だかカクカク泳ぐぜ!このベイトはクランクしてるな!」とフレッドヤングが言ったので(言ってないか)後の世に、クランクベイトと呼ばれるジャンルが確立した事の流れは、どなたにもご納得いただけると思います。

しかし昨今、幅を利かせるのは「クランクベイトを作ろうとして作られたクランクベイト」ばかりです。
私も長いあいだそういう作り方しか知りませんでした。
ミノーを作ろう!とか、ポッパーを作ろう!とかね。
でもそいうイデアが存在しなかった時代のビルダーは、どうやってルアーを作っていたんでしょうか?
実はこの問いにも簡素明快な答えがあります。
「魚を出発点にルアーを作っていた」
ただそれだけです。

あああ、なんて普通なのでしょう。
でも10年も釣り雑誌を読み続けて、釣りにおけるあらゆる事が釣り雑誌を通じてしか、釣りの語法によってしか認識できなくなってしまった私には“普通”ではなく“大発見”でした。 へドンをはじめとするルアーの夜明けに立ち会ったメーカーがあれだけクリエイティブだったのは、ルアーが黎明期だったのに加え「言葉がなかったから」というのが平生からの私の主張です。 流布した言葉は大まかにルアーを区切ってくれますが、個々の微細な違いにまでは言及しません。
ここでの問題は「大まかな区切りが全てのように思ってしまう」事です。
雑誌巻頭で深江さんが「季節で区切っちゃうから釣りの幅が狭まるんです」と仰っていたじゃないですか(12頁)。
これも言葉の功罪と申し上げて差し支えないでしょう。

新しいものを作るには、一度、言葉を捨てねばなりません。
かくして私は泣く泣く愛読誌に別れを告げたのです。
つまらないから読まないんじゃなくて、読んだら面白くって甚大な影響を受けてしまうんです。
小林さん、こういう訳なのでどうぞご勘弁ください。

comment

まいどです^^
この「言葉のダイエット効果」タイトルからして行友ワールド炸裂ですね!!!
こういう色の出せる人は希少ですよ!!!(笑)




2010/01/12 20:17 | URL | 相棒鮎瀬 [ 編集 ]

あ!なるほど。これで合点がいきました。
鮎瀬さんは希少種の保護役を買って出て下さっているわけですね!

絶滅しないようにがんばります!
2010/01/13 10:13 | URL | 六度九分 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/424-c301994b

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ