--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/25 (Mon) ロングビルミノー
かつて一世を風靡したルアーの中に、サスペンドのロングビルミノーがありますよね。

P2250011.jpg

あの流れはステイシーに発したと記憶していますが、私もさんざん買いこんでは試しました。
そしてずいぶん失くしました(爆

今になって冷静に考えてみると、この手のルアーはよほどの手練じゃないとむずかしい気がします。
オカッパリで、その上サスペンドで2m以上潜るルアーって、思うになかなか高度ですよ。
根がかりとかの面も含めて。
しかも展開が遅いルアーだけに、場所が絞れていないと無為な時間を過ごす事になります。

この手のルアーは、全体的にバスのレンジが深い低水温期での出番が増えますよね。
逆を言えば、ハイシーズンになれば釣りやすいルアーがいくらでもあります。

絶対的定番として残らなかったのは、使う時期が限られる事と釣り方自体のむずかしさにあったんじゃないでしょうか。結果、より使いやすいルアーとして、定番の座は小型シャッドに移行した感があります。

でも当時流行ったいわゆる90㎜クラスのロングビルミノーの有用性が、私的に今、気になってしょうがありません。
なぜかって、飛距離とレンジの融通が圧倒的に利くじゃありませんか。
改めて考えると、これは看過できない要素です。

そう、長いあいだ遠ざかっていましたが、今春はロングビルミノーな気分なんです。
当面の問題は釣りに行く時間がないことでしょうか(爆

おまけ
P2250010.jpg

合理的と呼ぶか無理矢理と呼ぶか、とかく凄ぇ取り付け方ですね。

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://6d9b.blog51.fc2.com/tb.php/260-0c1bec95

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。