FC2ブログ
2011/08/10 (Wed) 琵琶湖にて
日帰りで琵琶湖に行ってきました。
横綱で最も釣っているフミさんに、直接お会いして意見を伺おうというツァーです。

岡山から高速で3時間。
予想よりずいぶん早く、午前3時には到着しました。
1時間ほど仮眠を取り、フミさんと合流してさっそく釣り開始。

そもそも琵琶湖に行こうと思い立ったのは、横綱のセッティングにかなり頭を悩ませているせいです。
8割がたは出来上がっているのですが、残りの2割、例えばフックの選定であったり浮力の微妙な調整だったりがなかなか決め切れません。
以前なら、ルアーへの理解が深まるとルアーのリリースが早くなるだろうと思っていたのですが、逆に悩みの種が増えるものなのですね。

今回はフミさんにも横綱縛りを強要して、普段どういう場所でどういう使い方をしているのかレクチャーしていただきました。
すると間もなく一匹目が。

P8092809.jpg

水深2~3メーターラインにウィードが生えていて、その上面をジャークしながら巻いていると反応があったそうです。
ジャークしながらのリトリーブと聞いて、私は西根さんのデカビーツァの釣りを思い出しました。
西根さんは割りと頻繁にジャークを入れていた記憶がありますが、フミさんの場合はただ巻きがメインで、たまにジャークを入れてやるくらいの頻度でした。

いずれにしても、私はジャークしながらのクランキングであまり良い釣りをした記憶がありません。
うまくイメージを掴めないので、いつもやっているただ巻きで探っていきます。
まもなく、再びフミさんにバイト。
しかもかなり大きそうです。

P8092810.jpg

まだ釣りはじめて30分も経たないうちに50センチオーバーのお出ましです。
釣り方は一匹目と同じでした。
時折ジャークを入れることで、魚のスイッチを入れてやるイメージのようです。

この魚とのやりとりは印象的でした。
端から見ていると、魚が大きいわりに妙におとなしいかったんです。
バシャバシャ暴れないというか。
気になったので聞いてみたら、魚とケンカしないやりとりを心がけているとの事でした。
魚の行きたい方向に誘導しつつラインを巻き取っていくことで、できるだけ無駄な暴れを抑えるんだそうです。
大きい魚をたくさん釣っている人は、こういう所まで気を配っているのですね。
と言うか、こういう所まで気を配っているから大きい魚がたくさん釣れるのか。
そうこうしている内に3匹目が喰いついてきました。

P8092816.jpg

もう脱帽です。
この間、私には全くアタリがありません。
フミさんいわく、通い慣れた釣り場で水中のイメージが出来上がっているから自分に釣れるのだろうとのことでしたが、それにしたってねぇ。
水中のイメージをどれだけ早く描けるか、それが初めての釣り場で良い釣りをするキーだと思いますが、昨日の私には無理でした。
ま、ルアーが良いから釣れるのですよ。
なんて自分でフォローしたってむなしいよ。
ふは。

気温が35度を越えたので日中はお昼寝。
夕方のチャンスに掛けましたが、ドラマは起こらず仕舞いでした。
無念。

でもフミさんの横綱観を聞き、帰りの車で今までの横綱での釣りを反芻し、ようやく心が固まりましたよ。
さ、つくるぞ。
スポンサーサイト




バズボンのアクション動画

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

twitter

月別アーカイブ