FC2ブログ
2011/07/19 (Tue) 横綱のフックセッティングあれこれ
無事に長野から帰ってきました。
素晴らしいです、上高地。
あと三日でも長くとどまったら、仕事に復帰できなくなってしまうところでした。
ゆったりした場所、ゆったりした良い時間でした。

P7152744.jpg

今日の岡山は台風の影響で朝から雨風。
これだけの低気圧なら、魚たちはきっとソワソワしている事でしょう。
と言うか、私の方がソワソワしてしまっていけません。
無茶は禁物ですが、台風って釣れますよね。
レッツゴー。

釣り場に着くと、風は強いものの雨はパラパラといった具合。
理想的な状況です。
まずは先日も横綱で反応があった、池のコーナーを狙う。
ちょうど風が当たって波立って釣れそうな雰囲気を醸してます。
水面で強めに首を振らせてアピール&ポーズ。
反応なし。
これで食わない魚は水面下30センチの一定速スローリトリーブで狙います。

既報のとおり、横綱の大まかな方向性は見えてきました。
でも細かいセッティングが未だ決め切れません。
フックセッティングもその一つです。

キングマーマーでの経験から、昨年はずっとダブルフックでのセッティングを試してきました。
フロントがマスタッドの#4/0、リアが#3/0の組み合わせです。
最近の魚も何匹かはダブルフックで釣りました。

正直、大きな問題はありません。
フックの軸自体が太く、一見して刺さりに難がありそうですが、いざ釣ってみると深く貫通しているケースが多いのです。
しかし気になる点も有ります。
フックの自由度を下げているために、魚が暴れた時にルアーが吹き飛ばされやすいような気がするのです。
重いルアーは遠心力が強く掛かってしまいバレやすいと聞いたこともあり、トレブルフックの可能性も探ってみる事にしました。

先日の日記では、テスト結果が10バイト5フィッシュだったと書きました。
これはフックに乗っていない魚を含めていません。
要はやりとりの途中で5匹をバラしたという事です。
その内の4匹には、ことごとく最初のジャンプでフックを外されました。
この中にはスプリットリングを介したトレブルフックで掛けた魚も含まれます。
つまり、トレブルに変更しただけでは大きな改善がみられなかった、と。

どうしたら、この問題を解決できるでしょうか。
色々と考えているうちに、もうずいぶん前に聞いた話を思い出しました。
井筒さんというダイコーのテスターをされている方が「ガマカツのトレブル21はバラシが少ない」と仰っていたんです。
トレブル21はフックポイントが大きく内側に切れ込んでいる針です。

P7192773.jpg

さっそくガマカツのHPをチェックしてみましたが、大きいサイズのフックは無いようでした。
マスタッドなどから出ている似たような形状のフックも当たってみましたが、手に入る範囲では横綱に合う番手がありません。
困りました。
でも要するにネムリ針になっていれば良いんですよね。
じゃ、曲げちゃいましょう。

P7192774.jpg

わずかですが、ST36の#1を内側に曲げてみました(右側)。
本当はもうちょっと曲げたいのですが、シャンクとフックポイントの幅が狭くなりすぎるのでこの辺で我慢です。

話は今朝の釣りに戻ります。
台風で魚も元気だろうという読みとは裏腹に厳しい展開。
お昼まではまるで反応がありませんでした。
いつもなら「明日の朝に仕切りなおしだ」と退散しますが、今日はもう少しだけ粘ってみることにしました。
完全になでしこジャパンの影響です。
「絶対にあきらめない」
すぐに影響されます。
今回はその影響が吉と出て、帰る間際に3匹の魚が応えてくれました。

P7192769.jpg

3バイト3フィッシュと成績優秀でした。
1匹は水面でのサイレントバイト、残り2匹はただ巻きに反応しました。
どの魚も近距離でのバイト(15メーター以内)だったので、ネムリ針の効果の程はまだはっきりしませんが、ひとまず納得の結果です。

スポンサーサイト




バズボンのアクション動画

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

twitter

月別アーカイブ