2018/02/20 (Tue) 根掛かりも情報
昨日、19日は2018年の初出船でした。
結果から言ってしまうとワンバイトノーフィッシュ。
そりゃ甘くないよなと思いつつ、溜まっていた試したい事が色々と確認できたので良しとします。

面白い事もありました。
根掛かりしたので、回収機を使って引っ張ってみたらロープが上がってきたんです。
水中に放置しておくのも忍びないので、そのままボート上に引き揚げたら、見慣れない生き物がわんさか。

IMG_7406.jpg

エビみたいだけど何か違う。
帰って調べてみたら、ヨコエビという生き物だそうです。
こいつがロープの隙間という隙間にこびりついていました。
ちょっとギョッとしましたが、たぶん越冬のために隠れていたんでしょうね。
漁港のギルとかはこういうのを食べてたりするのかな。
悪いなと思いつつ、ロープはゴミとしてしっかり回収。

IMG_7410.jpg

面白かった出来事をもう一つ。
昨年の10月にルアーをロストしたんですが、クリアアップしていたお陰でそのルアーを4カ月ぶりに回収できました。
それに付いていたフックなんですが、とても4カ月も水中に放置されたとは思えない状態でした。

IMG_7412.jpg

ちょっと奇麗すぎません?
いくら淡水とは言え、ほとんど錆びず、針先も鈍らずとは驚きでした。
根掛かる場所によって汚れの付き具合が違ったりする事もありますよね。
根掛かりは嫌ですが、情報でもあるよなと思う今日この頃です。


2018/02/14 (Wed) 大森プロ優勝!
バスマスターエリートシリーズ2018第一戦。
いやぁ~勝ちましたね大森プロ!!
私も連日ライブ中継に釘付けでした。

各所でたくさん情報がアップされているので概要は置いておくとして、ユキトモ的に気になった点を幾つか挙げてみたいと思います。



この動画でも仰っていましたが、大森さんはシャロークランキングにジリオンの9.1ギアを使っているんですね。
ライブを観ている時にハンドルを巻く回数を数えていたんですが、だいたい18~20巻き前後でした。
ジリオン9.1ギアのハンドル1回転あたりの巻き取り長さが102センチだそうなので、キャストしている距離は約20メーターくらいになると思います。
それくらいの距離間で、ワンスポットから4日間に渡って魚を絞り出し続けていたんですね。

4日目のライブ中に出ていた予想気温(たぶん)は最高67F、最低52Fとありました。
摂氏で言うと最高が19℃、最低が11℃になります。
日本だと4月中旬くらいの気温でしょうか。
他の選手の釣りが、なんとなく冬っぽい雰囲気だったのでもっと寒いのかと思っていましたが、案外暖かかったんですね。

あとは大森プロと言えば「I knew it」ですが、アメリカでもすっかり定着しているんですね。
MCの人が「I knew it」を連呼していて何だか印象深かったです。



ウィニングルアーとなったRTO1.5、そのメインカラーとして使われていたTOクロー。
ニシネルアーワークスの西根さんが、その原型を塗られたという裏話がまた素晴らしくてビルダー的にキュンキュンしちゃいました。

大森プロは2016年のエリートシリーズ第4戦でも優勝されていますが、その時はへドンのスーパースプークがメインベイトだったんですよね。
前回はトップウォーター、今回はクランクベイト。
勝ち方がまたカッコいいんだよなぁ。
何はともあれ優勝おめでとうございました!!!

2018/02/05 (Mon) 釣具の魅せ方
週末は大阪へ。
フエルコさんとバクシンさんがイベントをされているという事でお邪魔してきました。



凄くカッコいいですよね。
釣り業界らしからぬフエルコさんのテイストは、一体どこからやってきているんだろうと前々から不思議に思っておりましたが、直接にお話を伺って氷解しました。
デザイナーの存在は大切ですね。

この後フィッシングショーにも行く予定だったんですが、お馴染みの片頭痛に見舞われて断念。
バクシンさんにロキソニンを頂き、一休みしてからグランフロント大阪へ向かいました(バクシンさん有難うございましたm(__)m)。

IMG_7376.jpg

IMG_7378.jpg

IMG_7381.jpg

友人ヨシダちゃんの結婚パーティーに参加した後、以前から行ってみたかったシマノスクエアへ。
シマノらしい雰囲気のディスプレイで、特にリール一台分のパーツをばらして展示してあったのは、目を惹かれました(照明の影響か写真が上手く取れなかったのが残念)。

釣り道具をどういう風に発信し感じさせるのか、を考えさせられた週末となりました。

2018/01/31 (Wed) 関東へ行ってきました
先週末から今日まで所用で関東に行ってきました。


関東へ行くと、ひたすら色々な方にお会いして喋り倒す、というのが恒例です。
今回はOPA!の小林さんとお会いして喋ってきました。
毎度の事ですが、お互いにハイテンションのまま2時間ぶっ通しで唾を飛ばし「じゃ!また!」と言ってカットアウト的にさようなら。
何を喋ったか思い出すのが大変なほどの情報量でしたが、実感として残ったのは「小林さん天才だな」に尽きます。

雄蛇ヶ池マスターであり、ハネモノ界のインフルエンサーであり、有名ブロガーであるつかじーさんにもお会いしてきました。


六度九分は2012年に表参道でルアー展を開いたんですが、つかじーさんはその時に遊びに来て下さったんです。
以来、ときどきメールでやり取りをさせて頂いていました。
今回、6年ぶりくらいにお話しする機会に恵まれたという訳です。
魚釣りが上手い方は世にたくさんいらっしゃいますが、ルアーの動きや構造について詳しい方はあまり多くありません。
その両面を兼ね備えている方はさらに少なくなるわけですが、つかじーさんは高次で様々な事を探求していらっしゃるのでお話ししていてとても刺激的でした。
つかじーさん、有難うございました^^



もう一人、ヨコタくんとも会ってきました。
ヨコタくんには、以前から六度九分のパッケージやらTシャツやらでお世話になっているのです。
都会住まいだったのに、気付けば海の近くに引っ越していた典型的な釣りキチでもあります。
動画にも釣りのシーンが出てきますよ。
思い返せば、ヨコタくんも個展の時に来てくれたのが出会いだったんだよな。

2018/01/25 (Thu) FSで気になったルアー
先週末のフィッシングショーでは、各社の新製品がお披露目となっていましたね。
SNSのタイムラインからガンガン情報が入ってくる中、ユキトモ的に気になったのはジャッカルさんの川島スイッシャーです(仮称だそうです)。

フロントペラのトップウォータープラグを大手が作るのは初めてじゃないでしょうか。
ましてや川島さんのプロデュースとなると、否が応でも興味が沸きます。
今出ている情報から察すると、ピンポイントに向いたセッティングになっていそうですね。
フロントペラのルアーはまだまだマイナーですが、これから伸びる可能性があるジャンルだと思っています。
新しいタイプのルアーは使い方が浸透するまで時間が掛かるので、ウチも布教活動を頑張らねばです。



次の製作はマーマーシリーズになります。
何を作るかはちょっと調整中。
時代の流れか、ビッグサイズの横綱を希望される事が多い今日この頃です。

バズボンのアクション動画

プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

twitter

月別アーカイブ