2016/11/20 (Sun) ルアーの大型化とタナタロウ
近ごろルアーの大型化がますます進んでいるように感じます。
関西に住んでいるからなのか、あるいは私がフォローしている人にそういう人が多いのか。

IMG_6035.jpg
(写真はRC4.5。今となっては現実的なサイズ)

最近だとSKTマグナムとか、KVD8.0といったビッグクランクをよく目にします。
そういう極端に大きいものだけでなく、全体的にルアーサイズの底上げが進んでいると言いますか。
関東でも今春は、イマカツさんのゲキアサをはじめとするビッグミノーの釣りが盛り上がったそうですね。

うちのルアーでも、今年に入って一番問い合わせが多かったのは横綱。
先日のフィッシュさんのイベントでは、ユーザーさんのボックスに入っていた一番小さいルアーが横綱だったりしましたからね。
まあそれは琵琶湖の極端な例ですが。

大きいルアーが魅力的なのは、私もよく分かります。
一発大物!
シンプルに言えばこれでしょう。
実際、私もハードベイトで釣ってきたビッグフィッシュは、ある一定サイズ以上のルアーの割合が多いです。
ワームになると話が変わってくる気もしますが、これはまた別の話。
私自身、どちらかと言うとここ何年かはそういう釣りの割合が増えてきました。
試しているルアーも大きめが多いですし。

で。
そういった傾向の中で、どちらかと言うと小さいクランクベイトであるタナタロウを作ったのは何故か、という話をもう一度します。
ボウズ逃れのため、とかそういう訳ではありません。
やっぱり釣りたいのはビッグフィッシュ。

もともとは毎年5月の恒例行事、福島遠征におけるウェポンとしてタナタロウを作りました。
想像してください。
季節はプリスポーン。
晴天。
風は無く、パーカーを着ているとちょっと汗ばむくらいのポカポカな陽気。
湖面は穏やか。

なんとなくイメージできたでしょうか。
こういう条件の時、意外とクランクが効くんですよ。
で、こういうタイミングで特に大事なのは、とにかくサイレントアプローチを心がけることです。

着水音からして抑えようと思ったら、ルアーのサイズは小さいに越したことはありません。
かといって、スモールクランクだと飛距離が物足りない。
そのギリギリのバランスを追ったのがタナタロウのサイズ感です。

サイレントアプローチのもう一つの要が、スローに釣るということ。
スロークランキングについては以前も書きましたので、そちらをご覧ください。
あとは水深に応じてレンジを調整してあげればOK。

もちろん釣れる条件は春に限りません。
でも、小さめのクランクベイトでビッグフィッシュを狙うとなると、基本的にはやっぱり低水温がベターです。
ハイシーズンになると、どうしても魚のサイズは選べませんよね。
そういう釣りも楽しいですけれど。
春、もしくは晩秋が旬。
余談ですが、アトムなんかもそういうルアーです。

リリース間近のタナタロウ50については、100よりも少し強いアクションで味付けしてあります。
実際に釣りをしていると、シャローモデルだけにバンク、つまり目に見えている場所を釣る場合が多く、カバーに絡めるケースも間々ありました。
そういう時、アクションが死に辛くするために、ちょっとアクションを強く設定しています。
巻き抵抗はほぼ一緒です。

小さいハードベイトでビッグフィッシュを釣るのは、大きいハードベイトのそれよりも難しいです。
飛距離の問題、小さいフックしか使えない、タックル自体も繊細になってくる、魚を浮かせるパワーが無いなど、どうしてもキャッチまでのハードルは高くなります。

でも、小さいハードベイトだからこそ反応させられるビッグフィッシュがいるのも事実。
タイミング、条件を見極めて、そういう魚が釣れた時はホント嬉しいもんですよ。

2016/11/01 (Tue) イベントを終えて
お伝えしていたfish! tackle shopさんでのイベントが無事に終了しました。

IMG_5991.jpg

遊びに来て下さったみなさま、本当にありがとうございました!
なにせこういうイベント事はめったにやらないので、至らない点もあったかと思いますが、ユキトモは非常に楽しかったです。
お誘いくださったfish!の澤井さんにも感謝です!
fishさんではレジカウンターの前に椅子が置いてあり、お客さんがゆっくり座って喋れるようになっているんですが、その会話している画がまた良いんですよ。
愛されているお店だなぁと。

ちなみに当日はえらい天気が良くて、半袖でもいいくらいの陽気。
と言いつつも、16時前後から日差しは残っているのに急に冷え込んでいったのが印象的でした。
秋ですなぁ。

IMG_5993.jpg

今回はウォルトン舎の北原さんもご一緒してくださいました。
飴ちゃんを用意してあっさりと子供を懐柔するあたり、サスガです(笑
fish!さんでも取り扱いがスタートしたそうですので、興味のある方はぜひ!
イベントにはサムルアーズの山岡隆太さん、4Sの和田さん、ネコビジョンさん、荒川師匠も足を運んでくださって、色々とお話しできました。

エネルギーをたくさんもらったので、これを糧に11月も頑張りますですよ。

2016/10/25 (Tue) 10月30日、マイアミ浜にてイベント
fishlogo1.jpg

お久しぶりです。
朝晩はずいぶん冷え込むようになりましたね。
フェイスブックとツイッターではお伝えしましたが、今週末の日曜日、10月30日にfish! tackle shopさんのお誘いでイベントをする事になりました。

◆日時:10月30日/13時から17時
◆場所:マイアミ浜オートキャンプ場(琵琶湖東岸)  →地図
【イベント内容】
・横綱マーマー、キングマーマーのFLカラーを販売。
・ユキトモによる六度九分製品の解説、体験会
・ウッドルアーの補修方法講座なども行う予定です。


IMG_5977.jpgIMG_5975.jpg

このイベント用に向けて、キングマーマーと横綱のfish!オリジナルカラーを絶賛製作中です。
はい、もちろんまだ出来上がってません(笑
頑張れー ユキトモー

imagewalton.png

今回はいつもお世話になっている、ウォルトン舎の北原さんもお越し下さいます。
北原さんは琵琶湖全般についてめちゃくちゃお詳しく、琵琶湖のイロハは氏に教わったといっても過言ではありません。
私の先生です。
面白い話が聞けると思いますよ!

お時間のある方は是非遊びにお越しください~!

2016/09/17 (Sat) 「Don't Think Fish」 Tシャツ
六度九分で初めてのTシャツを作ることになりました!

rdtft1.jpg

ウチがスタートしたのが2004年ですから、13年目にして初のTシャツ!という事になります。
あはははは。
随分のんびりしてますね。

さて。
ブルース・リーの名言「Don't Think Feel」ってありますよね。
「考えるな、感じろ」と。
あれ、好きなんです。
スターウォーズの中でヨーダも言ってるそうじゃないですか、この名ゼリフ。
「Don't Think Feel」って。
したらば我々もそれにあやかろうじゃありませんか。

rdtft2.jpg

名付けて「Don't Think Fish!」Tシャツです。
デザインはcookedのヨコタくんが協力してくれました。

取扱店さんに受注のご案内を出していますので、どうぞよろしくお願いいたします。
締め切りは9月20日になります。

なお今回のTシャツは、六度九分でも注文を受け付けるべくウェブショップを開設しました。
実は大昔には六度九分ウェブショップがあったんですよね。
あれは何年前の事じゃったかのう。

https://rokudokubu1.shop-pro.jp/

こちらでも注文を受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。

2016/09/13 (Tue) タナタロウ50/最終テスト
ツイッターではぼちぼち呟いているのですが、タナタロウ50のセッティングがようやく決定しました。
長かった。うん、長かった。




9月12日。
2タイプまで絞り込んだタナタロウ50を、どっちにするか決めるためのテスト釣行へ。
どういう2種類かというと、一匹はタナタロウ100とほぼ同じアクション幅のタイプ。
もう一匹は、そこから少しパワーアップして振り幅を大きくしたタイプ。

どっちにしてもルアーが50センチしか潜らないので、今回は強制的にバンクビーター(岸打ち紳士)と化しました。
ずーっとエレキ踏みっぱなしの流しっぱなし。

正直、季節的にまだドシャローの釣りは難しいですよね。
もう少し水温が下がって季節が進まないことには、魚がいても子バスばかり。
朝の内にワンチャンスがあれば良いなぁ。
と、行きの車中では定石通りに考えていたんですが、状況も味方してくれて良い釣りができました。

IMG_5792.jpg

幸先よく釣れてくれた40センチちょっとのナイスフィッシュ。
今回はひたすら、水面まで伸びるウィードの隙間を狙う釣りでした。
水深はほぼ1メーター以内。

IMG_5800.jpg

釣れる魚の多くはやっぱり小さい魚でした。
でも満遍なくアタリがある訳ではなく、魚が固まっている場所ではパタパタ釣れて、それ以外では無反応という感じ。
場所の見た目に変化はないので、実際に釣ってみないと良い場所は分からないですね。

IMG_5802.jpg

メザシサイズも出ましたが、、

IMG_5805.jpg

お腹パンパンのナイスフィッシュも!
本日最大の46センチ!

IMG_5822.jpg

こちらは30センチ半ばのまずまずサイズ。
ビッグフィッシュは出ませんでしたが、最終的に12匹まで数を伸ばすことができました。

彼らのおかげで、今回の釣行の目的もスッキリ果たすことができました。
タナタロウ50、100よりも少しアクションの強いタイプでいきます。

正直微妙な差なのですが、この水深だとウィードも含めた何らかのカバーに絡めて釣る事が多いので、アクションが死なない事と、魚からの気付かれやすさが少しでも高い方を選択です。
あとは私の感ピューター。
水の抜けがですね、なんか釣れそうな感じなんですよ。

さ、釣って兜の緒を締めよ。
気合い入れて作ります。


プロフィール

六度九分

Author:六度九分
六度九分の本サイトはこちら

検索フォーム

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

twitter

月別アーカイブ